2017年05月04日

HyFlex EDM GlidePath File


HyFlex EDM Glidepathfile.jpg


結論:なかなか頼りになる(採用!)

ISO規格に基づいたNiTiファイルを用いて根管の拡大形成を行うということは、様々な形態にあるintact-canal を規格的な器の形に仕上げる役割を担う。ある程度の「決まった形」に落とし込むことまではできるが、それで充分なのかどうかは議論と考察の余地がある。おそらくは「不充分と言わざるを得ない」レベルなのだろうが、従前の手用ファイルのみに依存した形成に比べれば切削形成の面での確実な確保と予後不良因子となる根管走行を逸脱したエラーを起こしにくい面で圧倒的に有利なために、モダンエンドのスタンダードな術式に組み込まれたのではないかとおもう。様々である根管形態は承知の上で、一定の規格的な形態に落とし込んで行く形成スタイルは乱暴な話に違いないが、少なくとも抜髄根管では、ファイルメーカーの指示通りのこと(25/.08で根管を仕上げて根充)をすれば臨床的に問題は生じないのも確かである※1

そんなNiTiファイルは、ネゴシエーション後にグライドパスを形成してから適応するべきである。破折の防止の意味からは、「拡大」よりも「形成」として用いる姿勢が重要であり、その最低限の保障としてグライドパス形成の必要が挙げられる。ファイルへの負荷をなるべく回避し、NiTiファイルで手早く形成を終えようとする上で有効だからである。


このグライドパス形成、以前はデンツプライのプログライダー用いていたのだが、ゴボウのような虚弱さが気になっていた。これと似た感じの使い勝手で破折に強そうなものか、レシプロケーティング用のグライドパスファイルがないものかと思っていたところに出会ったのがHyFlexEDM GlidePath File である。

グライドパス形成用NiTiファイルであり、プログライダーと同じくロータリー・モーションで用いる。ファイルには形状記憶性があり、オートクレーブ滅菌で元の形に復元される性格がある。つまりは、繰り返しの使用を容認しているのであり、実際に破折抵抗性も高いようだ。これが本当なら、かなり頼もしい存在になると考えた。


さて入手したブツを確認すると、プログライダーに比べて僅かに肉厚な印象。曲げると、ファイルが曲がった状態となり、形状記憶嘘でないことがわかる。ロータリー・モーションで用いるファイルは、適当に扱うとレッジを形成してしまうが、根管の走行がファイルに反映されることになる形状記憶性はレッジを防止する上では有利と思われる。

実際に#10Kをネゴシエーションした根管に用いてみると、プログライダーよりも僅かに抵抗感があったものの、問題なく根尖まで穿通してグライドパスの形成を達成できた。テーパーがやや強いのかもしれないが、その後に用いるウェーブワンゴールド・スモールの使用感は同じであった※2。プログライダーから切り替えても大丈夫そうな手応えを得たので、これからしばらくはグライドパスの形成にこのHyFlexEDMを用いようと思う。

なお、HyFlexEDM GlidePath Fileは、三本セットで5800円ぐらいである。高いけど長持ちしてもらうことでよしとしよう。  いややっぱ高えわ…



※1
根尖部の拡大が25号で充分な洗浄ができているかは疑問だが、もし不充分でも臨床的に問題を生じないなら、生体の免疫力でカバーできる範囲に根尖の状態を落とし込めたことを意味する。抜髄処置とは、つまるところ感染させないことが至上であって最大の留意点なのだろう。余計な感染さえなければ、綿栓根充だろうがどアンダー根充だろうが別に問題なく経過したりする。しかし感染根管はこの限りではなく、それをして感染根管治療の難易度が極い理由になっている。

※2
グライドパスの形成後は、プロトコルではウェーブワンゴールド・プライマリを用いてよいことになっているが、それは切れ味の鋭い新品ファイル持ちいることが前提になっているからだ(新品なら、そうそう破折しない)。私はウェーブワン・スモールをプライマリの先に用いて根管形成の下準備をする。手間はかかるが、ファイルへの負荷を少しでも減らすための「急がば回れ」策である。素直な直線的な根管であればNEX20/.04で代用も可。今後はこのウェーブワンゴールド・スモールとNEX20/.04の統合を図ってHyFlexCMの20/.04を採用してみるつもり(ファイルの在庫が切れ次第)。

タグ:HyFlex
posted by ぎゅんた at 10:14| Comment(8) | TrackBack(0) | ニッケルチタンファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

HyFlex NiTi EDM"10/.05 GlidePath File"をグライドパス形成用NiTiファイルに


写真 2017-03-17 17 09 01.jpg

さよならプログライダー
ごめんよプログライダー
おじさんは浮気性なの



新し物好きの血が騒げば平然と器具を乗り換える、そんな節操の無い生き物が歯医者であります。


長い名前のこのNiTiファイルはスイス製で、ムーブメントはロータリー系。形状記憶性を有している点がユニークなNiTiファイルであります(オートクレーブ滅菌をかければ本来の形状とピッチに戻る)。

今の私は、ウェーブワンゴールドとレシプロックを主軸に、レシプロケーティング系のNiTiで根管の拡大と形成を行っています。

NiTiファイルを安全に用いるコツは、とにかく根管形成に用いることです。根管拡大に用いると、ファイルへのストレスが大きく破折リスクが高まるからです。

最近のNiTiファイルは、「破折しない」ことをウリにしており、実際、根管拡大にバンバン使っても差し支えのない物性と設計になっているようです。しかし、なるべく「拡大」の比率を減らす使い方をしたほうが安全なことに変わりはありませんし、新品の切れるファイルをほぼ使い捨てでスタイルだからこそ成立する使い方であることに注意が必要です。

こういう考えが念頭にあることから、私はグライドパスを確実に形成してから、ウェーブワンゴールド:スモール(20/.07)で拡大形成を始めることを心がけています。
メーカーはウェーブワンゴールド:プライマリ一本でええんやでといいますが、それは新品を用いて使い捨てをする気概があればの話。保険医にそれは無体であります。

ひとまずウェーブワンゴールド:スモールで形成を仕上げたあと、根充のための器作り的にプライマリやレシプロックR25で形成します。NiTiファイルの負担が少なく済みませるための配慮です。コストがかかっても勿体無いお化けに取り憑かれても、ファイルを破折させることだけは頑として避けたい気持ちがあります。気持ちよく根管の形成を終えようとしているのにNiTiファイルが折れ込もうものなら、腕を振り回しながら窓ガラスに頭を突っ込ませてしまうからです。

こうしたステップにあって、ウェーブワンゴールド:スモールを根管に用いる前に、信頼できるグライドパス形成をメカニカルに済ませられればなお良いことはいうまでもありません。手用ファイルでグライドパスを獲得するのはシビアな操作が要求されるからです。

従前、私はグライドパス形成にプログライダーを用いていたのですが、そのコストと「なんとなく折れそう感」を払拭できないことから使用をやめていました。しかし、グライドパスを容易に確実に得るステップはなんとしても欲しい。

デンタルショーで出会ったこのHyFlexには、グライドパス形成用のファイル(Glide Path File)が用意されていたことから興味を引かれました。アクリル根管模型で触れてみた限り、特に変な癖もないので実践導入は難しくなさそう。形状記憶でオートクレーブ滅菌で変形が解除される点も気に入りました。担当者はしきりに「シェーピングセット」を購入するよう勧めてきましたが、既にウェーブワンゴールドとレシプロックがある身なのでグライドパス形成用ファイルだけを所望することにして、その場で注文を済ませスキップしながら帰途につきました。



さて後日、手元に届いたのはこれです。

写真 2017-03-21 18 26 06.jpg

ちげーよボケ〜(確かにこのセットの中に一本、含まれるけども)


…返品と注文し直しです。
実戦投入の日が遠ざかってしまった。ぐすん。
 

タグ:HyFlex
posted by ぎゅんた at 00:01| Comment(12) | TrackBack(0) | ニッケルチタンファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

目下のところのウェーブワンゴールドさん

20160221181914.jpg

ウェーブワンゴールドを使い始めてしばらくになるので、実際の使い勝手や思うところを述べてみたい。


レシプロケーティング・モーション
逆回転時に切削するので、正回転時には根管壁を切削しない。従って、エンドモーターの設定を間違ってロータリー・ムーブメントのまま使用してしまったとしても、ファイルが根管壁に食い込んで破折したりはしない。ある意味でフェイルセーフになっている。

ファイルはかなり柔軟で、根管に挿入していくと根管に沿って根尖まで到達しようとする。全てのNiTiファイルと同様に、手用ファイルでネゴシエーションして根尖への道筋を作ってから拡大形成を行う。この道筋がしっかりしていればいるほど、ファイルの交通性が安定確保されるので、ネゴシエーションしたファイルをすぐには根管から抜かず、上下運動でグライドパスを形成するべきである。ウェーブワンゴールドでは、そのプロトコールで、ネゴシエーション後にプログライダーを用いてグライドパスを形成することを推奨している。

NiTiファイルはその破折防止のために、拡大ではなく形成に用いるべきと考えられるが、レシプロケーティング・モーションは破折防止に有利に働くので、拡大と形成を同時に行う設計になっている。グライドパス形成後は、基本的にプライマリのファイルで拡大形成を終える。これにより、アペックスが25号で7度のテーパーがついた根管に仕上がる。


拡大と形成
クラウンダウンの様式で根管の拡大と形成が行われる。
キチキチキチ…と動作させたファイルを根管に挿入し、数回、ペッキングさせたらファイルに付着した削片を拭い、根管洗浄で削片を出し、ネゴシエーションした手に用ファイルでリカピチュレーションする。これを繰り返すうちに、次第に根尖方向にファイルが到達するようになる。最初は感触もキツくて根尖までまったく届かないので不安になるが、ファイルを信じて作業を繰り返すほかにない。それなりに時間と手前がかかるが、根尖部に湾曲があっても走行から逸脱せずに拡大形成してくれるのは流石である。絶対にレッジを作りたくない湾曲が見られる根管の拡大形成に向いている。一方、ストレートに近い単根管であれば、プロテーパーネクストで一気に仕上げる方が楽で早いので使い分けをしてもよさそうだ。


写真 2016-03-07 15 36 45.jpg

破折はする
ファイル自体の物性とレシプロケーティング・モーションによって破折に対する抵抗性を有するが、あくまで「しにくい」だけであって、破折に対するリスクマネジメントは当然ながら必要である。メーカーは1F-1P(ワンペーシェント-ワンファイル)を前提に設計しており、繰り返しの使用は慎むべきとしている。が、そんなことはどのファイルでも同じことだったりする。

なお、ウェーブワンゴールドは滅菌(オートクレーブ/ケミクレーブ)にかけると、ファイル基部のカラーバンド部が膨張してエンドコントラに装着できなくなる。超音波洗浄と薬液消毒で繰り返し使用することを考えるなら、同一患者に限定しなくてはならない。

流石に一回こっきりの使い捨てはコスト的に許容できないので、膨張したカラーバンドを除去して複数回は使用したいところだ。抜去歯牙で繰り返し使用し続けたところ、最終的には破折の結末を迎えたが、予想以上に「粘ってくれる」印象を受けている。新品使用▶滅菌▶使用 程度なら折れることはあるまい。

写真 2016-03-12 17 21 15.jpg

カラーバンドは、ワイヤカッターで切れ目を入れてホウのプライヤーで潰せば簡単に除去できる。


根管内で破折したら
破折させてしまったとしても、意外にも#10程度の細いファイルを根尖まで通すことができることがある。偏位させることなく根管の中央にファイルが位置しようとするバランスドフォースの動きがあるためか、破折片が根管の中央に留まることで、根管壁に沿って挿入されてきたファイルが隙間から通過できるのかもしれない。

なお、根管内でファイルが破折したら、そのことは絶対にX-ray写真で確認・記録をとり、患者に説明せねばならない。破折ファイルにアクセスできるなら除去を狙うが、マイクロスコープが無いと厳しい。


形成と根管洗浄
「これ一本で」のプライマリで形成すると25号テーパー7度の根管が出来あがるが、この太さでは根尖部の綺麗な洗浄は困難である。更にミディアムで拡大形成して35号テーパー6度の根管にすると根尖部の洗浄が容易で確実になる。しかし、根尖部は可及的に拡大を避けたい考えもある。特に抜髄根管のような根尖部が無菌的である場合は最小限の形成に抑えたい向きがある。その場合は、プライマリ一本で終えても問題はなさそうな気がする。この辺りについてはいまも考えに整理がついていない。25号の根尖部に到達できる31Gのイリゲーションニードルがあれば良いのだが、今のところ入手できていない。
 
posted by ぎゅんた at 18:52| Comment(6) | TrackBack(0) | ニッケルチタンファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

ウェーブワンゴールドと根管洗浄

waveone_dold.jpg

まとめ
・シリンジによる根管洗浄を行うなら、洗浄針も吟味しましょう
・抜去歯牙で根尖部での洗浄針の動態を確認しよう


抜去歯牙で練習だ!
充填物やう蝕病巣を除去し、髄腔穿孔と根管口明示、コロナルフレア形成を行う。
根面の歯石を除去しておくと見栄え的に綺麗で、練習後のコレクション栄えする(かもしれない)。

#10Kファイルでネゴシエーションしたら、作業長を決定する。
作業長は、ファイル先端が解剖学的根尖孔に達した長さから1mm引いた数値にまず決定する。この長さの作業長にウェーブワンゴールドプライマリが達するぐらいになったら、再度、同じ方法で作業長を測定する。長さが変化していることが多いからである。根管洗浄とリカピチュレーションは忘れずに行って、根管が閉鎖していないことと、レッジを形成していないことを確認しながら進めていこう。

再設定した作業長で、ウェーブワンゴールドプライマリがスカスカになるまで拡大する。具体的には、根管壁360度にブラッシングモーションかけるのである。この時、作業長を越えると根尖孔が大きく破壊されてしまうから、そうならぬよう十分に注意しなくてはならない。
ただ、ウェーブワンゴールドは根尖方向へのあらぬ掘削移動(ファイルが根尖方向へ持っていかれる力)が絶妙なバランスで控えめなので、注意深くやればそうそう事故らないはずだ。これぐらいまで拡大して、ようやくISO規格的な、(この場合なら)アペックスが#25でテーパーが7度の根管に仕上がってくる。

ここまで終えたら、シリンジ洗浄に移るとよい。根管内〜根尖部の削片が洗い流される様を観察するのである。

私が現在、根管洗浄に用いているのは3.0mLテルモシリンジ(ルアーロック)とデンツプライ洗浄針である。このデンツプライ洗浄針は、ラウンドエンドでダブルホール式になっている。フラットエンドのそれに比べて、根管壁にぶつかることが少なく、またデザイン上、根尖孔から洗浄液の溢出を最小限にできる点で優れているように思う。

ウェーブワンゴールド:プライマリで拡大した根管では、27Gの洗浄針であれば根尖から3mmぐらいまで洗浄針が到達する。根管洗浄で本当に洗い流したい部分は、それより先のアペックス付近であるから、これでは洗浄が不十分だ。ここで30Gの洗浄針を用いると、アペックス-1mmまで洗浄針が届くようになる。根尖孔が破壊されていなければ、洗浄針は根尖から溢出することはない。

ウェーブワンゴールド:ミディアムで拡大した根管は、#35/.06であるから、30Gの洗浄針はアペックスに達することになる。それでも、根尖孔が拡大されていなければ洗浄針は根尖孔外に突き出ることはない。

なお、洗浄針が細くなればなるほど、洗浄針の先端が外力で破損するリスクが高くなる。洗浄針の側面にふたつのホールを持たせているので、わずかな外力でも折れ曲がってしまう。根管内で破折したら目も当てられない。30Gはかなりセンシティブな扱いを要求される。


十分に洗浄できているのだろうか…?
シリンジを使用した根管洗浄は、例えアペックスまで届いたとしても、完全にデブリを除去できる保証はない。例えデブリを浮き上がらせたとしても、その時点で根管内から吸引されなくてはまた沈下してしまう。理想的には超音波でキャビテーションさせながら吸引する方法がベストであろう。ヨシダのクイックエンドが気になる今日この頃。




(おまけ)
記事中にあるデンツプライ洗浄針は、カタログ価格だと25本入りで5000円とある。殆どディスポ扱いになる消耗品のくせに、なにこの価格。4枚切り食パンじゃあるまいしスーパーセレブ!これはいただけぬ。もう少しコストを抑えなくてはなるまい。かといって、100本入り700円ぐらいのフラットエンドは悪魔的安さが魅力であるが、根尖部の洗浄に用いるには(個人的には)二の足を踏む。

おりしもそんな中、通販大手のCiデンタルにある「Ciイリゲーションニードル」のダブルホールが25本入りで1980円とある。パクリ品に思えるかもしれないが、その正体は同じだったりする。というのは、デンツプライ洗浄針もCiイリゲーションニードルも、どちらも製造元は韓国のシーケーデンタル社なのだ。デンツプライ洗浄針はブランド料が上乗せされているのかどうかしらないが、こればかりはCiデンタルで買わざるをえない。なおCiデンタルは我が石川県の企業。えこ贔屓する気持ちはありませんが、一応。

タグ:根管洗浄
posted by ぎゅんた at 23:31| Comment(9) | TrackBack(0) | ニッケルチタンファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウェーブワンゴールドとXスマートプラスについて

reciprocating.jpg

うだる序文
数年前の自分のエンド臨床からは想像もつかなかったことだが、NiTiファイルはもうエンドに欠かせない道具になった。NiTiファイルは高価なので、保険診療のエンドの点数を思えば考えなければよかったとなるが、ケチな自分であっても高いコストを容認して使わざるを得ない。それだけのメリットがあるからである。

NiTiファイルを用いるのが確定路線であるなら、あとは自分のスタイルや信条、相性に合致した製品を選定し、その製品と心中する気概で使いこなして行くことである。言うまでもないが、揃えるNiTiファイルはシンプルにするべきだ。アレコレと種類を揃えても結局、使わないファイルがでてきて死蔵させてしまうものだからである。


NiTiファイルは何を使うのか?
結論から述べていくと、私はNiTiはデンツプライのウェーブワンゴールドに決めた。抜去歯牙で試せば試すほどにレシプロケーティング・モーションの凄さを実感したからである。

ロータリー・モーションのNiTiファイル群は、まだ在庫も抱えているが、目下のところ用いていない。ウェーブワンゴールドの説明書にてその使用が推奨されているプログライダーも、使用することをやめた。ロータリー・モーションで、破折のリスクを払拭しきれないからである。


ウェーブワンゴールドを用いての歩き方
説明書に忠実に従うと、#10Kの後にプログライダーグライドパスを形成してからウェーブワンゴールド:プライマリを挿入することになっているが、先述の通り、私はプログライダーを用いていない。

髄腔穿孔、根管口明示、コロナルフレアを形成したら、マニーの#10Kでネゴシエーションする。#10Kが根尖孔より穿通したら、抜かずに上下1mmの範囲でファイルの抜き差し運動を30秒間ほど行って根管の通路を確実にする。ウェーブワンゴールドの使用はここからである。もし、根管が極端に狭窄していればスモール(20/.07)を選択するが、基本的にはプライマリ(25/.07)から始める。

ウェーブワンゴールドは、動作させたら常に上下に動かすようにしながら、根管に挿入して拡大形成させる。キチキチキチ…と音を立てるファイルを力を抜いて抜き差し運動する。根管に刺した時に、根尖部に沈むような感触があるわけだが、そのままにしたり、根尖方向に押しつけたりしてはいけない。この抜き差し運動を四回ほど行ったらファイルを抜いて、根管洗浄して削片を洗い流す。ファイルに付着した削片の除去も忘れてはいけない(目の細かいスポンジに突き刺して除去すると楽)。そして、#10Kファイルでの再帰フィリング(リカピチュレーション)を行い、根管がつまらないようにする。これを繰り返して、根管を拡大していくのである。

最初は「ファイルが作業長までぜんぜん入らねえじゃねえか!」と感じるのだが、繰り返しているうちにいつの間にか作業長に達するようになっていく。クラウンダウン形成である。

ウェーブワンゴールドはレシプロケーティング・モーションで、レッジ予防に有効と考えていたが、それは本当で、レッジを形成しにくいことを実感している。ロータリー・モーションのNiTiでクラウンダウンを行うと、少なくとも私の経験では、レッジができがちであった(なので、プロテーパーネクストはフルレングスで使っていた。ロータリー・モーションのNiTiファイルはストレートな根管であれば、優秀な働きを示す。しかし、湾曲根管では破折とレッジ形成に神経質いにならざるをえなかった)。


今のところ考えつく、ウェーブワンゴールドの長所と短所を書き出してみよう。

長所
・ファイルの種類が4種類とシンプル
・レシプロケーティング・モーションがファイル破折とレッジ形成の予防に確実に寄与している
・ファイルがフニャッと柔軟
・レッジやトランスポーテーションを起こしにくいクラウンダウン形成の形をとれる
・ブラッシング・モーションで根管壁をちゃんと切削する
・歯髄をからめ取るように除去してくれることがある
・破折までの耐久性が極めて高い(個人的な感覚)

短所
・高価
・レシプロケーティング・モーションに対応した専用モーターが必要
・間違ってロータリー運動させたら即死
・細いストレートな根管なら、ロータリー・モーションのNiTiの方が形成が早い
・根管に挿入して動作させるごとに洗浄やリカピチュレーションが必須

おまけ
・Xスマートプラスはすぐに電池切れになる虚弱仕様



ウェーブワンゴールドに限らず、レシプロケーティング・モーションのNiTiファイルは独特な動きをするから、実践導入の前に抜去歯牙を用いて充分に練習を行い、ファイルの挙動の確認を行っておかなくてはならない。

posted by ぎゅんた at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ニッケルチタンファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする