2018年06月28日

CRの形態修正にコメットカーバイドバー(と5倍速コントラ)


コメットさん.Jpg


CRの形態修正や研磨には、昔からホワイトポイントやファイン(ダイヤモンド)バーが用いられてきた。その中にあって「5倍速コントラ+フィニッシングバー(CR専用カーバイトバー)」がクオリティの高い方法として、言ってみれば自費CR時の手法として唱えられていたように思う。今でも、そうかもしれない。なぜならホワイトポイント用いた研磨では傷が、ファインバーではタービンを上手に動かさないと縦皺のような模様をつけてしまいがちだからである。

充填後、術者が狙った通りの形態に修正(整形)するためには、なんだかんだで5倍速+フィニッシングバーが安定だろうと思われる。理論的には説明できないが、実際に使用してみるとそう思う。そしてまた、形態修正など必要ないほどのクオリティの充填ができることこそが正解なのであろうとも思う。

そんな腕はないので、私のCR充填臨床にとって形態修正は欠くべからざるステップである。ラウンドバー(MIステンレスバー)で充填部辺縁のボンドバリの除去および簡易な修正を行い、5倍速+フィニッシングバーで咬合調整と形態修正を達成するのがルーチンワークである。



いろんなかたち
CR充填の形態修正用バーおよびポイントは形態様々であり、色々と揃えてみたくなるものの、実際に術者が高頻度で使用する形態のものは決まってくるように思う。私は、昔はそれこそ色々とポイントを使い分けていたものだが、その熱意に結果がついてくることはなかった。

そのうち、なるべく形態修正を要しないよう、充填操作を慎重にするようになっていった。自分は切削器具を用いた形態修正が苦手だと分かったので、形態修正のステップをサボりたい気持ちが湧いたからである。そののち、形態修正に用いるバーの選択に明らかな好みがではじめた。アポ○チョコ型というか、小型の三角錐タイプを好んで選択していることに気づいたのだ。

H390Q-018.Jpg

現在は、奈良の変態紳士先生にオススメされたコメットのQシリーズのH390Q-018を用いている。個人的な好みの問題だが、これが最も手に馴染む。ちょいと高価なので、その消耗を避ける意味で全ての場面で使いまくっているわけではないが、形態修正の要所で必ず用いている。形態修正のステップ規模が小さければ小さいほど消耗を減らし長持ちさせることができる意味で、やはり充填のステップで理想的な形態に仕上げておくことが至上ではなかろうか。勿論、形態修正にも細かな優れた部外秘なテクニックがあるはずで、それも重要なのだが。



まとめ
CR充填は、卓越した術者であれば本当にトンデモナイクオリティを発揮できる、歯科の中でも最も王道的な処置の中の芸術的要素に溢れた魅力的で奥深い処置である。ひとかどの歯科医師であるなら、自費でチャージできるレベルの腕前を有しておきたいものである。

憧れるなあ……
 
posted by ぎゅんた at 23:49| Comment(1) | 歯科材料・機器(紹介・レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

【使ってみた】Endo Activaror【根管洗浄】


it's time.jpg
スマイルUSにて注文していたエンドアクティベーターが届きました


目下、私は根管洗浄を30Gのイリゲーション・ニードルによるシリンジ洗浄とクイックエンドを用いた吸引洗浄をメインに行なっている。

根管洗浄による disinfection のターゲット・エリアは根尖部1/3である。

ここを綺麗に洗浄するには、Patencyが確保されており、根尖部付近までイリゲーション・ニードルが到達し、積極的に吸い上げるなどして、根管内を満たした洗浄液を再び除去することが重要だろうと考えている。

私が行なっている根管洗浄に不足している要素は根管内を満たした洗浄液の撹拌であった。根管にヒポクロを満たした後にガッタパーチャポイントを挿入して上下運動させたりもするが、効果的な撹拌効果があるものか判然としない。下手したらポンプ作用で根尖にヒポクロを漏らしているかもしれない……私はもっとスマートな方法を欲していた。

エンドの根管洗浄といえば、超音波洗浄が主流であると思われるが、私は昔から超音波な器具と相性が悪い。エンドアクティベーターは超音波ではなく可聴域振動を利用するものである。ポジション・ペーパーかもしれないが、ラドル先生の論文に何度も登場するし、読んだら欲しくなったので購入に踏み切った。自由になる金が少ないと、欲しい気持ちをよそに高価な医療器具は時間をかけて揃えていかざるを得ない(ロールプレイングゲームと同じである)。それはそれで、購入した器具に十分に習熟した上で、さらに求めるところがあって次の器具に移っていける側面もあるから、一概にマイナスでもないのだが。エンドモーターと各種NiTiファイル、クイックエンド、セーフリラックスリムーバー、SEC1-0に続いて、ようやくエンドアクティベーターが仲間に加わった。



endoactivator.jpg
付属のDVDで英語学習もできる親切設計


さてそんなエンドアクティベーターであるが、案外にシンプルな器具なのである。
医療用ポリマー製のチップを洗浄液を満たした根管内に挿入して動作させるだけだからである。

超音波ではなく可聴域振動をポリマーチップで起こすだけなので、キャビテーション効果は期待できない。根管形成して作り上げた「器」となる根管系の形態を損なうことなく(根管壁に物理的なダメージを与えることなく)安全に積極的に撹拌して、側枝をも含めて洗浄する(3D-disinfection)ことを狙った根管洗浄用器具なのである。

どのタイミングで用いるかは、ペーパーから察するに根充前のようだ(海外は即日根充が多いからだと思われる)が、貼薬-仮封前にも行うべきタイミングであろう。作業長から-2mmのところまで緩く収まるサイズのチップを選択し、使用中は2-3mmのストローク幅でポンピングを行う。チップの先端は、作業長から-2mmより先に到達させる必要はない。

スイッチを押すと「ぅヴぃ〜」とポリマーチップが鳴きながら振動する。撹拌は案外にジェントルなマナーを呈し、洗浄液が髄腔から飛び散るようなことはない。振動するチップが患歯をノックすると、患者さんはちょっと不愉快そうな顔をする。洗浄液が透明に泡立つ様は見ていて爽快だ。

ネゴシエーションが達成できなかった根管も、ヒポクロを満たして強制的に撹拌させることで最低限の消毒が達成できるだろう。単三電池一品で動作するような軽量シンプルな構造だが、頼りになる器具であることは間違いない。

エンドアクティベーターは耳目を引く際立った派手さがない地味な器具だが、SEC1-0と同じで間違いのないシンプルさが確かな信頼感につながっているイイモノ感に満ちている。口にしないだけで、愛用しておられる先生も多いのではないだろうか。私もその仲間入りだ。
 
posted by ぎゅんた at 18:48| Comment(6) | 歯科材料・機器(紹介・レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

Q.「自然閉鎖かしら 根管口が見つからないわ」


SEC1-0.jpg
A.「どうだ 明るくなったろう」 〜閉鎖根管について SEC1-0


initial treatment canal にしろ retreatment canal にしろ、一見して根管口を見つけられない「閉鎖根管疑惑」の根管と対峙することがある。「きっと自然閉鎖だろう。無理に探索しないで触れない方がいいんじゃねーノ?」なんて構えていても、実際に臨床で直面した時には緊張感を覚えるはずで、嫌なものなのである。エンドに手をつけることになった患歯を前に、意図的に触れない根管を設定することは気持ちが悪いし、予後に不安を覚えるからである。

自覚症状や打診痛がない initial treatment canal なら、最悪、見つけられなくてもなんとかなりそうな気がするが、明らかな感染状態にあったり、その根尖部に病変を抱える根管であれば看過することはできない。根管の中に感染が必ずや存在するために、後々に根尖性歯周炎を惹起してくることが明白だからである。


卑近な例でいえば、このようなケース
うぎゃー閉鎖根管_01.jpg
4根管のようだが、特に近心根の根管が閉鎖しているかのように見える。そしてまた、近心根に根尖部に病変が存在する。根尖病変があるということは、どこかにファイルが通過する道筋があるはずである。

根管口を見つけるために髄腔を整理していったところ、果たして、近心の根管は頬側も舌側も発見できなかった。慢性う蝕の長期的な存在が、第三象牙質となって髄腔から根管を閉塞させていったものと思われる。

さて、どう攻めるか?
Dr.Kimヘッドランプとx2.5ルーペで根管口が存在するであろうエリアを観察しても見つからない。超音波チップで見当をつけて慎重に探索するべきだろうか?この方法は無難な方法だが、集中力が切れると乱雑な操作に化けて穿孔につながりやすい(少なくとも、私は)。

こういうシチュエーションにおいて、目下、私が採っている手法はマニーの21mmの08HファイルをSEC1-0に装着して見当をつけた根管口の入り口付近をノックするものである。うまくいくとプフっとファイルが根管内に入ってくれる。そうしたら08Hの出番は終わりで、Rc-Prep等の拡大補助剤をコートした06Kや08Kに切り替えてネゴシエーションを狙う。SEC1-0の働きは素晴らしく、キツキツで辛そうな素振りをしながらも根尖まで穿通してくれるのである

この後はより慎重に10KをSEC1-0で用いて再び穿通して根管の交通をより確固にし、12KでPatencyが取れることを確認してグライドパス形成に移ればよい。

21mmの08Hを用いるのは「単純に、それで私が上手くいったから」というチンケな成功体験に基づいた理由でしかない。ノックすることで根管見つけてくれればいいだけなので、別のファイルでもできると思う。


卑近な例 その2
うぎゃー閉鎖根管_02.jpg
写真撮影具合がアレで申し訳ないが、MBの根管口を見つけられなかったのでこの手法で探索できた#16抜髄症例。この患歯は第一大臼歯だが、上顎第二大臼歯と第三大臼歯にて稀にみられるタウロドント(広髄歯)と思われる。なんとなく「いつもの大臼歯の髄腔な感じ」と異なっていたのが、発見のし辛さにつながっていた気がする。

SEC1-0+08Hで根管口があるであろう位置をノックしていたらプフッとファイル先端が見つけてくれたので、無事発見とネゴシエーションを達成できた。あとは通常通り、根管を仕上げていくステップになる。




根管口が見つからない場合に根管を探索する場面において、この手法が正しいものか確たる自信はありませんが、紹介まで。

なおSEC1-0についてはこの記事も参照にしていただけると幸いです。いい器具だと思います。



※その昔、生田図南先生がセミナーでSEC1-0について「手で根管拡大をできる先生にとってはスーパーマンになる感覚」と説明されていたのを思い出す。正鵠を得た表現である。当時の私はアホ面を引っさげて「フーン」で済ませていたのであった。なぜ俺はあんな無駄な時間を……
ラベル:SEC1-0
posted by ぎゅんた at 16:50| Comment(0) | 歯科材料・機器(紹介・レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

ラバーダムシートの色はどないしょ〜ブラック ラテックス デンタルダム


001.JPG


私が初めて触れたラバーダムシートの色はライト(肌色みたいな色調)であった。学生実習の時のラバーダムシートは、いつもこの色なのであった。つまり、当時を思い出してゲロを吐きそうになるので、金輪際、私はもちいることはない。

研修医であった時分に、ロエコ社の蛍光パープルな、やたら大きくて進展性のある「洋モノ」なラバーダムシートを愛用していた記憶がある。あるときフロアを取り仕切る歯科衛生士長に「先生、そのシートすごく高価なんですよ」と耳打ちされたことはあるが「誰もラバーダムしてねえじゃねえか」というようなことを、もうちょっと紳士的な表現で返答した記憶がある。今となって、私は彼女の気持ちが理解できる。当時のペーペーな私のような「張り切ってラバーダムしている以前の状態」な歯医者には過ぎた代物だったことが明らかだからだ。ラバーダムをかける行為に満足して、肝心の、術野-患歯における軟化象牙質除去を等閑にして「治療」したいたのだから……。「ラバーダムをかければ意識が患歯に集中するのだから、軟化象牙質を取り残すなんてとんでもない!」と甘く考えていた私がとんでもないのである。

目下、私が愛用しているのは昔からFEEDで取り扱っているデントレックス・デンタルダムの中厚5インチ(青色)である。もうちょっと安いサンクチュアリのラテックスデンタルダムの中厚5インチ(緑色)も購入してみたが、なんとなくシートが硬い感じがで、デントレックスのシートの方が好みである。意外と操作感に差があるのだ。



Camera_20171225164540.jpg
神経質な感染根管治療のお供に


いつもお世話になっているFEEDで「黒色ラバーダムシート(サンクチュアリ)」の存在を知った。

ラバーダムシートの色に求められるのは、患歯への集中のためにコントラストをつけることである。薄い色のラバーダムシート用いるとコントラストが弱いのがわかる。なるほど黒色のシートであれば、白色基調の歯牙と対をなすコントラストではあるだろう。ダイレクトボンディングにおける修復後の「美術品」的写真を撮影するときには、黒色の背景を用意してブラックフォトにするものであるが、黒色のラバーダムシートには、そのような「魅せる」要素も込められているのだろう。

ラバーダムシートといえば、ライト(肌色)か青色か緑色が普通のように考えていただけに、黒色のラバーダムシートはユニークさを覚える。黄色のスイカがあるんだから黒色のラバーダムシートがあってもいいじゃないかと、ユニークな人が考案したのかもしれぬ。しばらくしたらコントラストを捨てて透明に近いクリアなラバーダムシートが登場するかもしれない。サランラップでやれという無慈悲なツッコミは不可。


Camera_20171222172307.jpg
シェードのアンマッチもバレます


取り寄せたサンプル品が届いたので早速、使ってみよう。
シートの厚みは0.2mmであり、気持ちの良い進展性がある。6インチのシートはGAIJIN規格っぽい大きさであるが、シートをフレームに張る作業に余裕が出る面で楽である。

「黒は女を美しく見せるのよ」は、『魔女の宅急便』に登場するオソノさんの有名なセリフだが、黒色ラバーダムシートは歯を美しく見せはしない。コントラストがハッキリして、存在感の増した患歯が真顔で佇んでいるだけである。つまりは黒色のラバーダムシートによるコントラスト効果は抜群なのであって、患歯に意識をこれ以上なく集中させることができる。

作業野が黒色の世界になるから、あたかもゴミ袋の中で探し物をしているような妙な心境になるが、自分の治療の足を引っ張る因子ではない。患歯を綺麗に仕上げたい気持ちを後押ししてくれるアシスト効果が期待できる上に25円/枚程度のコストなので、臨床をより楽しくするためのアイテムのひとつに加えて良さそうだ。6インチのものしか選べないのはやむなし。

 
posted by ぎゅんた at 12:47| Comment(2) | 歯科材料・機器(紹介・レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

(所感)ニシカキャナルシーラーBG


canalsealerBG.jpg
赤色だったら『ウルトラマン』みたいなセンスのパッケージング


在庫が切れるAHプラスの代わりに購入(新発売セールで安くしてくれたから👈重要)。
いつもセール価格なら相当に魅力的なシーラーだ!日本製ですしね。


根充は、シーラー併用でガッタパーチャを加圧根充しておるのです
用いるシーラーによって予後の成績に有意差はでないと考えているが、もどきとはいえCWCTを意識したダウンパックを行うと、側枝や根尖部にシーラーが飛び出ることがある(X線写真上でPUFFとして認められる)から、シーラーに生体為害性がない方が良い。

垂直加圧法を採用することになって以来、シーラーにAHプラスを採用してきた。

その理由は、

・世界的にメジャーであること
・練和後の操作時間に余裕があること
・稠度が丁度よいこと(☃️)
・造影性が良いこと
である。

レジン系のシーラーということで最初は身構えていたのだが、一回、使用しただけでその使用感に虜になり、愛用し続けてきた。根尖部の清掃が良好でPatencyが確保されており根管充填材に適切な加圧が加われば、側枝や根尖部にパフが明瞭に出るのが心を鷲掴みにしたのである。これは本質的には「だから何」程度のことなのだが、根充が嫌いで上手になりたいと今も悪戦苦闘する私にはご褒美に等しいフィーチャーなのだった。

それから、MTAが40%含有されていることがウリのMTAフィラペックスも採用した。MTAの性質への漠然とした期待感があったからである。およそMTA根充の代わりになるわけがないので気休めであろうが、硬化後にわずかに膨張する性質は嬉しいところ。感染根管治療の根充にはこのMTAフィラペックスを、という漫然とした使い分けがなされるのであった。

AHプラスもMTAフィラペックスも、生体為害性は同様に有することを報告する論文がある【1】。また、硬化反応が異なることから、根充直後の封鎖性に差があると報告する論文もある【2】。

どちらも総合的に考えれば使いやすい、臨床医が求める範囲の落とし所に収まった優れたシーラーであろう。実際にどちらも使用してきた限り、致命的な欠陥は感じ取れない。MTAフィラペックスはAHプラスより操作性が悪くて造影性が低いところが気になる、ぐらいである。強いて軍配を挙げるならMTAフィラペックスだろうか。

ニシカキャナルシーラーBGは、シーラーは今後MTAフィラペックス一本に絞ろうと考えていた矢先に現われたのであった。さて、どのようなものか。



結果
・造影性はMTAフィラペックスと同程度だが操作性が良好
・そろそろシーラーを新型に変えようかなあ……と思った先生はどうぞ!
・生体為害性がないシーラーを所望する先生も、勿論、どうぞ!
・AHプラスで問題ない先生はAHプラスで
・MTAフィラペックスで問題ない先生はMTAフィラペックスで
・AHプラスかMTAフィラペックスか迷っちゃってる先生はコレで
・MTAフィラペックスを使い切ったら、コレ一本かなあ…
・冷蔵保存がちとメンドイ


卑近な根充例(要するにさしたる意味がないもの)その1
canalsealerBG_RCF1.jpg
「知覚過敏が治らんから抜髄したって」と不名誉な依頼で回ってきた#13。咬耗のToothWearが目立つ。こういうケースでは生活歯髄切断で満足のいく除痛効果と、歯根側歯髄を保存することで保存を図るのが良いと考えているが、少なからず打診痛があったので素直に全部抜髄。

SEC1-0:マニー10Kでネゴシエーションしてプログライダーでグライドパス形成して、#15Patencyを確保してから根管形成(ウェーブワンゴールド:スモール➡︎プライマリ➡︎ミディアム)を終え、ウェーブワンゴールドGPミディアムで即日根充。何も目新しいことはない。

ShinyaM先生にヤキを入れられることを覚悟の上でラバー装着をサボって、オプトラゲートを装着して口唇圧排して簡易防湿下で処置を行っている。


卑近な根充例その2
canalsealerBG_RCF2.jpg
#44の根尖性歯周炎が気になって仕方がない写真であるが、#45での食事時の違和感を主訴に来院。自発痛(±)打診痛(+)。叢生で強く舌側傾斜している。

SEC1-0:マニー10Kでネゴシエーションしてプログライダーでグライドパスを形成し、#15Patencyを確保してから根管形成(ウェーブワンゴールド:スモール➡︎プライマリ)を終え、ウェーブワンゴールドGPプライマリで根充。

ちょっとオーバー気味に見える。ウェーブワンゴールドで形成後に手用NiTiファイルでアピカルシートを付与するべきかも、とちょっと思った。



【1】Bin, Claudia V. et al. Cytotoxicity and Genotoxicity of Root Canal Sealers Based on Mineral Trioxide Aggregate.
【2】Asawaworarit W. Yachor P. Kijsamanmith K. Vongsavan N. Comparison of the Apical Sealing Ability of Calcium Silicate-Based Sealer and Resin-Based Sealer Using the Fluid-Filtration Technique.
posted by ぎゅんた at 13:47| Comment(4) | 歯科材料・機器(紹介・レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする