2017年08月10日

ウェーブワンゴールドGP


うぇーぶわんごーるどがったぱーちゃ.jpg
ケースのパッケージに漂うバタ臭いお洒落感はご愛嬌


まとめ
レシプロックGPから乗り換えました。1000円安くなるぞ!


根管の拡大・形成にNiTiファイルを用いるようになって数年が経った。ネゴシエーションして、根管口明示をして、グライドパスを確保して、根管の走行を逸脱せぬよう器を作り上げる。器は、理想的な根管洗浄と根管充填を実現するために必要だと理解している。最近では、根充に際してどれだけ根管内を「根管洗浄」のステップで清掃できるかどうかが、基本的な根管治療における要諦でないかと考えている。「ヒポクロが効かせられる根管」にできるかどうか、というところか。

ウェーブワンゴールドGPには スモール/プライマリ/ミディアム/ラージ のラインナップがあり、これが各ファイルのテーパーとサイズに一致させたものになっている。ひとまず私が購入したのはプライマリとラージの2種類である。これは、いままで用いていたレシプロックGPのR25とR40の代わりを兼ねるためである。プライマリのそれをガッタパーチャゲージで先端を調整すれば25-45までを(おおよそ)カバーすることができる。45号以上はラージのGP先端をガッタパーチャゲージで調整すれば間に合うだろうと考えている。レシプロックGPはウェーブワンゴールドやレシプロックで拡大形成後に満足のいくジャストフィットを示して以来、比肩するものが他にないため愛用し続けてきた。我慢がならなかったのはコストがバリ高であることだ。幾ら何でも60本で4800円は高すぎる。ウェーブワンゴールドGPはそれに比べれば60本3800円であるから、決して安くはないが歓迎できる値段だ。レシプロックのは60本4800円である。



レシプロックGPと比べてどうか?
使用感はまったく同様なので互換性が高い。造影性も似ている。弾性は、わずかにウェーブワンゴールドGPの方が柔らかめか。

違うところで述べることがあるとすれば、ポイント頭部のカラーコード処理である。レシプロックGPのそれはペンキみたいなカラーが塗抹された感じだが、ウェーブワンゴールドGPだとカラーが薄く染み込んだようになっている。レシプロックGPにしろ、テーパーのついたマスターポイントはGP用ピンセットで把持しにくいきらいがあると過去に述べた。これはウェーブワンゴールドGPでも同様なのであるが、気になるのは、レシプロックGPのカラーコードの部分の塗装が、ピンセットでの把持操作に伴う機械的接触で剥がれえることである。剥がれた破片が根管内に落ち込んでしまうリスクが常々、気になっていた。ウェーブワンゴールドGPではカラーがポイントに染み込んだかのようになっているから、この問題は生じない点で安堵できる。



【チンケな根充例】
RCF-WG_Large_01.jpg
ウェーブワンゴールドラージで拡大後に、ウェーブワンゴールドGP(ラージ)で根充。シーラーにAHプラスを使用。アペックスの位置はROOT ZXの〔1.0〕の値点。

RCF-WG_Large_02.jpg
抜髄即根充。アペックスの位置はROOT ZXの〔1.0〕の値点。 #31のシーラーが線状なのが気になる…SEC1-0で穿通して組織間に隙間が生じた?GPのオーバーはないにせよ、あまりよろしくあるまい。



そんなわけで根充に使用するテーパードGPはウェーブワンゴールドGPに変更を決定。
あともう一声、安くなってくれれば言うことなしなのだが天下のデンツプライ様なんで値下げは期待できないだろう。ぐぬぬ。ディーラーに泣いてもらえば値下げ可

posted by ぎゅんた at 18:36| Comment(24) | 歯科材料・機器(紹介・レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

サニチップ〜3wayシリンジのチップを透明なディスポのものに


3way.jpg

勤務医時代の医院のユニットの3wayシリンジには透明なディスポチップが使用されていた。どことなく長さが不揃いなプラチューブであったから、「ハハー、さては院長の自作か?」と推察したものである。怖かったので聞けずじまいだったが、ある時、勇を鼓して「透明なディスポチップ」の正体について尋ねてみた。名前は忘れたが、普通にディーラーから購入しているとの返答であった。そして、3wayシリンジは意外に汚染されたままになりがちな、感染対策上の盲点であるから、ディスポのやつでいいので患者ごとに必ず交換するシステムしておくべきだと教わったものである。けだし慧眼である。そして、このチップこそがモリタ扱いのサニチップである。

時が経って私も実家の歯科医院に帰り父親と二人三脚で診療を始めたわけだが、これを真似して3wayシリンジのチップをサニチップに変えたものであった。このチップを使用するには、専用のアダプターが必要になるが、この交換は簡単だ。最近ではFEEDで扱っているので購入すら容易。例えば、当院で使用しているスペースラインイムシアなら、モリタ(WS12)のアダプターを購入すれば良いのである。アダプターを購入した時点でサニチップが数本、オマケ(?)で付属してくるのですぐに実践導入できる。チップの交換も容易。アダプター先端はナットになっているから、回して緩め、サニチップを挿入して締めて固定して用いることになる。


feed_3way.jpg

チップはサニチップだけにあらず
アダプターを購入できるFEEDで格安のディスポチップ(FEEDスリーウェイシリンジチップ)を取り扱っている。サニチップに比べて長く、安価である(約6円/本)。気兼ねなく使用できる素晴らしさに満ちている。外来環を算定している医院なら許容できるコストだ。

しかし不満点もある。
それは、完全透明でないことだ。

3wayシリンジは、ユニットにも拠るだろうが、エアーの中に水滴が混じることがある。セット前の補綴物の内面にエアーを吹きかけた時に水滴で湿らせてしまった経験は、誰しもあるだろう。これは恐ろしいことである。例えば、水分の忌避を求められるレジン接着操作時に水が吹きかけられる危険性があるからである。水と油(レジン)は犬猿の仲であるからエア乾燥の操作が重要であるのに、水が混じってしまっては元も子もない。思いもがけないレジン接着の失敗の原因は、こんなところにあるのではないか。水分を確実に除外したエアーブローのために、我々はエアダスター缶を用意するべきかもしれない。

仮にシリンジチップが透明であれば、混入した水分はエアに押されてチップ内部を移動してくるのが目視できる。重要なエアーブロー操作の前に、チップ内への水分の混入がないことを確認することができる。デフォルトの金属チップやFEEDスリーウェイシリンジチップでは、これは確認できない。しばらくエアを出しっぱなしにして予防するのがせいぜいであろう。

そんなわけで当院では、レジン接着操作(CR、直接法コア、接着性レジンセメントなど)時にはサニチップ、それ以外の場面ではFEEDスリーウェイシリンジチップを用いている。サニチップがもう少し安くなってくれるか、FEEDスリーウェイシリンジが完全透明になってくれることを祈るばかりだ。
 

2017年06月26日

手には相性の良いグローブを


feed_basic_glove.jpg

子どもの頃、誰しもが夢想したことであろうカテゴリが「パワーアップグッズの装着」である。靴でも、時計でも、スーツでも、なんらかのガジェットを装着するとパワーアップできるアレだ。すごいパワーが出たり、潜在能力が100%発揮されたり、無敵になったり……現実の娯楽は尽くるとも、世に夢想のネタは尽きまじ。

大人になったらそんなものはないことを悟るわけであるが、さりとて、仕事の効率をサポートしてくれたり、特定の作業において無類のパフォーマンスを発揮するアイテムは存在するものだ。もっとも、これは仕事に限らず、趣味や遊びの舞台でも同じことが言える。使い勝手が良く望む結果を導いてくれる相棒のような道具を、我々は求めるのである。であるからこそ、様々なツールが、どの分野においても豊富にラインナップされているのである。人間は相性の良い道具探し明け暮れるものだ


最近、こうした気持ちを強く意識されられた診療用グローブがある。ここでも書いたが、FEEDのベーシックグローブ(パウダーなし)である。装着してエンドをすると上手になった気がする。少なくとも私にとって、とてても相性が良いグローブだ。

世間には安いものから高いものまで、様々な診療用グローブが存在するが、私はコスト管理に明け暮れる開業医の宿命もあって「安いやつ」を安けりゃいいの精神で使っていたのである(だって使い捨てなんですもの)。

高いグローブは、あれは自費診療をされる先生が、そのゴッドハンドっぷりを妨げることのない上質さを備えた一流品であり、装着するグローブに多くを求める先生用なのであろうと考えていた。一方で、値段が高めのグローブを使うと、診療が捗るのだろうかとも考えていた。

このFEEDのベーシック・グローブは、さして高級な類のプライスではない。むしろ安めの部類だろう。「新発売だよ!お試し100円セール」のチラシを見て、何気なく購入したに過ぎなかった。結果、格段に使用感が良いことに驚き、喜んだのであった。

世の中には、このグローブよりも私を歓喜させるグローブがあることだろう。値段さえ目を瞑れば試し放題なので、いつかは探し当てられるものと思われる。しかし、それを探し求めるほどの熱意は私にはない。「もうこれでええわ」の精神である。妥協といえばそれまでだが、しばしこのグローブの世話になろうと思う。満足しているのである。

なお、ベーシックに対してハイグレードも存在する。値段分の良さが上乗せされた出来になっている。難しめの抜歯処置や外科的挺出、フラップなど、ちょっと特別な外科処置用にしてある。
ガウンとか手術着とか装着すると意識が変わって気分が引き締まるものだが、そんな感じ。
 

2017年06月14日

【低コスト】FEEDベーシックグローブ/ハイグレードグローブ【好作業性】

feed_globe.jpg

お試し100円キャンペーンで購入。結論から述べると、好いグローブ。

世の中には多種多様に診療用グローブがありますが、ディスポであるゆえ、普通はコストが優先された製品に落ち着きがちです。高価なものは高価であり、使用に躊躇しするものですが、安価であれば気兼ねなく使用できるからです。感染予防の基本はディスポにあります。そんな中にあって、臨床医は自分のグローブをもたなくてはなりません。

この考えに漏れず私も某社のラテックスグローブ(ノンパウダー系)を使用し続けて来ました。値段をさして気にとめずバンバン使って来ましたが、その質はどうなのだろうとは考えることがありました。というのは、たまにグローブに「ダマ」があったり、指の部分に「弛み」があったりしたためです。値段相応やしなあと思う一方で、不良品が混じっているのは看過できない。使用感が悪いし、なにより損をした気持ちにさせられるからです。値段が安いので使っている関係というのはドライなもので、似たような値段で他の候補があれば、そちらに浮気される運命にあります。

さてそんな中、FEED株式会社が新たに安価なグローブを販売しました。
ラテックスパウダーフリーで、ベーシックとハイグレードに分かれています。ハイグレードはベーシックに比べ60円高ですが、装着してみればその具合の良さに気づくはずです。操作性もよく、自然な感じです。安価なグローブをお使いになられている先生であれば、すぐに気にいる品質ではないでしょうか。グローブが到着してすぐにフラップ手術で使用してみましたが、グローブの装着が作業を妨害することは一切ありませんでした。確かにこれはハイグレードであります。

一方のベーシックは、ハイグレードに比べると「あ、確かに」と分かる感が憎いですが、8割を占めるベーシックな歯科診療の場面で用いる分になんら問題ありません。これでいいのであります。薄手でありながら、インスツルメント類での引っ掛けでグローブが破れるあのツマラン事故も起きにくいです。

掌に汗をかきやすいためか、私の掌が不潔なのか、ラテックスグローブ使用していると黄色〜茶色っぽい変色が現れることがあります。見た目的にマイナスです。これを患者さんにみられると「グローブを使いまわしているんじゃねえの?」と疑われること必定であります。地味に患者さんとの信頼関係構築の足を引っ張る名アシストを決めてくれるいやらしい存在で、ストレスになります。

このグローブでは、この変色がないわけではありませんが、明らかに少ないです。材質が優れているのか、対策がなされているのか分かりませんが、いずれにしても私にとってありがたいことです。

値段的に満足のいくものなので、新たな魅力的な候補が現れるまでこのグローブを使い続けることになりそうです。やったぜ。
 

2017年06月08日

リンカイ テーパードガッタパーチャ

根充のガッタパーチャポイントのマスターコーンにレシプロックガッタパーチャを採用している。理由は、今まで手にしてきたテーパードGPの中でもっとも形成後の根管にマッチするからであった。全然マッチしないテーパードGPだとポイント試適の時点で術者のテンションが下がってしまってよろしくない。


レシプロックのGP
reciproc_gp.jpg
ポイントの形状の正確さは及第点で、コシ、造影性も悪くないのであるが、最大の欠点は高価なことである。そして、テーパードGPは、把持すべき「頭」の径が太くなるのだがエンド用ピンセットでつまみ損ねたり落下させてしまったりする事故を起こしがちだ。いきおい、地面に落としたり曲げてダメにしてしまうと、コストが念頭に浮かんで涙目になってしまうのである。集中力を要する一発操作の「根充」においてこれは致命的だ!60本で定価4800円である。R25は流石に細いことからポイント先端にバラツキが認められるので、試適前にガッタパーチャゲージで先端径を確認・調整が必要である。ガッタパーチャゲージがあれば、テーパーが均一なポイントの先端径を自在にできるため、用意するガッタパーチャポイントの種類を減らすことができる。


リンカイのGP(ダイアデント ガッタパーチャポイント)
diadent_gp.jpg
だからと言って安ければいいわけでもないのはいうまでもない。
そんな中、リンカイが扱っているテーパードガッタパーチャの存在を知った。テーパーは.04 .06がある。60本で定価1900円である。親切なことにポイントに長さのマーキングが施されている。使い勝手がよければこれでいいんちゃう?と思わざるを得ない。

左がレシプロックr25、右がダイアデントGP.jpg
皆が気になる造影性はどんなもんかと、レシプロックR25(.08/25)とダイアデントGP(.06/30)単純比較写真を撮影してみたら似たようなものであった。



しかし
抜去歯牙で使用してみたら、あまり良くなかった。ポイントの弾性や取り回しは悪くないのだが、頭の部分が根管口付近で引っかかるのか、作業長に達しないのである。仕方がないので引っかかる頭の部分をちょん切って挿入したらうまくいった。これだと、ガッタパーチャゲージで先端の調整をすると、頭の部分で余計な引っかかりが生じて「サッパリ作業長通りにいかない」悲劇に見舞われることを意味する。テーパー付とはいえ、「馬鹿正直テーパー」だから、頭の部分が太くなってしまうことで壁と干渉するのであろう。見た目は一緒に見えるが、レシプロックGPはこの辺の規格がしっかりしているようだ。しかし値段はノーセンキューだ。

ああ、次はジーシーNEX用ガッタパーチャソフトポイント(.06)だ…