2017年09月13日

【論文紹介】ウェーブワンゴールドに関するもの

SINGLE-FILE SHAPING TECHNIQUE ACHIEVING A GOLD MEDAL RESULT

ウェーブワンゴールドの開発に携わっている(ハズ)のRuddle先生のポジションペーパー的論文。
いつもながら副題が洒落ている。ウェーブワンゴールドの特徴や見解、使い方が述べられております。

「多分ココは重要っぽい」と思うことをピックアップしていきましょう。


重要そうなこと
1.
レシプロケーティング・モーションは根管壁マイクロクラックの原因になるというのは誤報である。根管象牙質にマイクロクラックを発生させるとするならば、ファイルのデザインやムーブメントに原因があるのではなく、常に術者の使い方に起因するのである。

2.
ウェーブワンゴールド・スモール(20/.07)は「橋渡しファイル」 。グライドパス形成後にこのスモールを作業長まで到達させておくとよい。その次にウェーブワンゴールド・プライマリ(25/.07)を用いることになるにせよ、単純な2つのシークエンスであり、作業長までの拡大も早く安全に達成できる。

3.
なにはさておき、グライドパス形成が不可欠だ。少なくとも0.15mmのPatencyが欲しいが、不変の2度テーパーのすぎない15Kファイルではなくプログライダー(16/.02-08)を用いることが望ましい。

4.
ウェーブワンゴールド・プライマリは、6%濃度の次亜塩素酸ナトリウム水溶液で満たされた根管で、根尖方向に押すような力を加えず使用する。根管から、抵抗と湿地に沈むような感覚があったら根管より引き抜き、ファイルを点検しよく清掃する。(ウェーブワンゴールド・プライマリに限った話ではないが)機械的拡大用ファイルを根管から引き抜いた際に、根管をまず洗浄し、10kでリカピチュレーションしてdebrisを搦め捕りつつグライドパスを確認して(Patencyの確保)また洗浄することは賢いことだ。


5.
ウェーブワンゴールド・プライマリが作業長に達したら根管から引き抜くわけだが、ファイル先端に牙粉が付着していれば、拡大の終了と判断する。根尖部の確認のために、25/.02のステンレススチールファイルを挿入して作業長にピッタリ合致するなら拡大が達成されたとみる。もし長さがオーバーするのなら、根尖部が25号以上に大きいことを意味する。30/.02のステンレススチールファイルを挿入してピッタリ合致するなら、拡大は達成されたとみなす(先端を30号にアジャストして根充すればよい)が、長さがオーバーするのなら、ウェーブワンゴールド・ミディアムでの拡大に移る(もし必要なら「ラージ」も)。



まとめ
wave.jpg

なお、ウェーブワンゴールドが世界的に売れているビッグウェーブ的NiTiファイルかどうかは分かりません。「グローバルエンドにおける人気のNiTiファイルランキング」とかあったら面白そう。

実際のところはどうであれ、当面のところはウェーブワンゴールドを主軸にしていく所存です。
グライドパス形成用NiTiファイルは、プログライダーさんはお暇をとらせ、目下、NEX10/.04と在庫のプロテーパーネクストX1を使用中です。やっぱHyFlexEDM -Glidepath Fileが一番ええんかなあ…


C.J.Ruddle:Single-file shaping technique: Achieving a gold medal result.Dent today .January 2016
posted by ぎゅんた at 08:51| Comment(0) | ニッケルチタンファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: