2017年08月10日

ウェーブワンゴールドGP


うぇーぶわんごーるどがったぱーちゃ.jpg
ケースのパッケージに漂うバタ臭いお洒落感はご愛嬌


まとめ
レシプロックGPから乗り換えました。1000円安くなるぞ!


根管の拡大・形成にNiTiファイルを用いるようになって数年が経った。ネゴシエーションして、根管口明示をして、グライドパスを確保して、根管の走行を逸脱せぬよう器を作り上げる。器は、理想的な根管洗浄と根管充填を実現するために必要だと理解している。最近では、根充に際してどれだけ根管内を「根管洗浄」のステップで清掃できるかどうかが、基本的な根管治療における要諦でないかと考えている。「ヒポクロが効かせられる根管」にできるかどうか、というところか。

ウェーブワンゴールドGPには スモール/プライマリ/ミディアム/ラージ のラインナップがあり、これが各ファイルのテーパーとサイズに一致させたものになっている。ひとまず私が購入したのはプライマリとラージの2種類である。これは、いままで用いていたレシプロックGPのR25とR40の代わりを兼ねるためである。プライマリのそれをガッタパーチャゲージで先端を調整すれば25-45までを(おおよそ)カバーすることができる。45号以上はラージのGP先端をガッタパーチャゲージで調整すれば間に合うだろうと考えている。レシプロックGPはウェーブワンゴールドやレシプロックで拡大形成後に満足のいくジャストフィットを示して以来、比肩するものが他にないため愛用し続けてきた。我慢がならなかったのはコストがバリ高であることだ。幾ら何でも60本で4800円は高すぎる。ウェーブワンゴールドGPはそれに比べれば60本3800円であるから、決して安くはないが歓迎できる値段だ。レシプロックのは60本4800円である。



レシプロックGPと比べてどうか?
使用感はまったく同様なので互換性が高い。造影性も似ている。弾性は、わずかにウェーブワンゴールドGPの方が柔らかめか。

違うところで述べることがあるとすれば、ポイント頭部のカラーコード処理である。レシプロックGPのそれはペンキみたいなカラーが塗抹された感じだが、ウェーブワンゴールドGPだとカラーが薄く染み込んだようになっている。レシプロックGPにしろ、テーパーのついたマスターポイントはGP用ピンセットで把持しにくいきらいがあると過去に述べた。これはウェーブワンゴールドGPでも同様なのであるが、気になるのは、レシプロックGPのカラーコードの部分の塗装が、ピンセットでの把持操作に伴う機械的接触で剥がれえることである。剥がれた破片が根管内に落ち込んでしまうリスクが常々、気になっていた。ウェーブワンゴールドGPではカラーがポイントに染み込んだかのようになっているから、この問題は生じない点で安堵できる。



【チンケな根充例】
RCF-WG_Large_01.jpg
ウェーブワンゴールドラージで拡大後に、ウェーブワンゴールドGP(ラージ)で根充。シーラーにAHプラスを使用。アペックスの位置はROOT ZXの〔1.0〕の値点。

RCF-WG_Large_02.jpg
抜髄即根充。アペックスの位置はROOT ZXの〔1.0〕の値点。 #31のシーラーが線状なのが気になる…SEC1-0で穿通して組織間に隙間が生じた?GPのオーバーはないにせよ、あまりよろしくあるまい。



そんなわけで根充に使用するテーパードGPはウェーブワンゴールドGPに変更を決定。
あともう一声、安くなってくれれば言うことなしなのだが天下のデンツプライ様なんで値下げは期待できないだろう。ぐぬぬ。ディーラーに泣いてもらえば値下げ可

posted by ぎゅんた at 18:36| Comment(7) | 歯科材料・機器(紹介・レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あまりにも乱暴な治療に絶句いたしました。
最初のケースはなぜそこまで歯冠部歯質を削除しなければならないのか意味が不明ですし根尖部をここまで拡大する意味も理解できません。
二つ目のケースは一体何ミリファイルをつきだしてsecを使用したのでしょうか?
もう少し生体に優しい治療もあろうかと思いますがいかがでしょう。
Posted by zip at 2017年08月10日 22:59
拡大の号数は悩ましいです。洗浄の器作りと考えると先生によって意見は別れるところです。個人的見解では35の04か06テーパーですが。

レントゲン写真ですが他の下顎前歯にも治療痕がある事から高齢者か口腔の状態にかなり問題のある方では無いでしょうか?根面カリエスが大きく歯冠が折れてしまったと推測しています。
この例では隔壁が必要と考えます。しかし縁下にカリエスがありラバーダムがかけれない場合、アメリカの基準では抜歯になります。

ペイテンシーファイリングに関してはやはり賛否両論ですね。25より大きいファイルで根尖が破壊されなければ文献等より問題ないと考えています。
ただ感染とリーケージ予防がエンドの一番大事な部分と考えると後の形成等は枝葉と思います。
Posted by ShinyaM at 2017年08月12日 17:21
ShinyaM先生
いつも詳しいご解説ありがとうございます。
私は学が無い只の老歯科医なのでアカデミックな話は出来ませんが年寄りの私でもこの程度の根面カリエスでことごとく歯冠部歯質を削り落とすことはまずあり得ません。
審美に拘らない高齢者であれば事前にレーザーで歯肉切除する等した後レジン充填してからエンドすればラバーもかかりますし心配なら術後にファイバーポストで補強すれば十分に歯質の温存は可能ではないでしょうか?

またもし術中術後に破折したのならLOTにて対応するなど策はいくらでもあろうかと思います。

根尖ぶ
Posted by zip at 2017年08月13日 18:28
ShinyaM先生
いつも詳しいご解説ありがとうございます。
私は学が無い只の老歯科医なのでアカデミックな話は出来ませんが年寄りの私でもこの程度の根面カリエスでことごとく歯冠部歯質を削り落とすことはまずあり得ません。
審美に拘らない高齢者であれば事前にレーザーで歯肉切除する等した後レジン充填してからエンドすればラバーもかかりますし心配なら術後にファイバーポストで補強すれば十分に歯質の温存は可能ではないでしょうか?

またもし術中術後に破折したのならLOTにて対応するなど策はいくらでもあろうかと思います。

この2ケースを拝見すると何かニッケルチタンファイルによる拡大ありきのような気がしてなりません。
確かに根尖部までニッケルチタンファイルを到達させるには徹底したグライドパスが必要なのは私も経験上理解できますがそのために本来の根尖狭窄部の解剖形態を用意に壊したり何ミリも骨内にファイルを突きだしても本当によいものなのでしょうか?

乱暴な物言いですがレントゲンで根尖部に陰影が認められたとしても無症状であれば即抜歯に直結するわけではありませんが歯根破折や歯質の脆弱化は即抜歯に繋がる問題だと思います。



Posted by zip at 2017年08月13日 18:38
zip先生、コメントありがとうございます。

そうですね、デンタルの前歯部カリエスからの推測ですのでぎゅんた先生より口腔内写真もしくは状態から聞かせて頂ければどんな状態であったか判断できるかなと考えています。
マイクロスコープやう蝕検知液にて確認した時に、カリエスが思ったより大きい事がありますので、あくまでこのあたりは自分の推測です。

根管治療の考え方として、自身は文献の裏打ちをかなり大事にしています。(それを如何に理解し臨床に落とし込むか)
それから考えると、ステンレススチールファイルの#25以上は根尖部の拡大に向いておらず、NiTiが必要でNiTiの拡大ありきと言うのは間違いではありません。
またペイテンシーファイリングに関してはAAEにて認められている通り、手技を守る限りこの事が問題になるとこはまず無いと考えております。
根尖狭窄部の解剖形態を壊すのは基本悪いことでいいと思いますが、ペイテンシーファイリングでは「根尖狭窄部の解剖形態は壊れない」と言うのが文献からも説明されています。
Posted by ShinyaM at 2017年08月14日 11:43
痛みがある状態での来院だと思われます。
レーザーで歯肉切除する等した後レジン充填してからラバーダムして根治できれば理想的ですが、実際の臨床では不可能ではないでしょうか?レジン充填が難しいです。カリエス除去後の歯髄からの出血や、歯肉からも清掃状態が悪そうなので出血してきそうななか正確な接着を得るのは難しいです。スケーリングも最低限前歯部のみ必要です。初診で最低抜髄はしなければいけない。完璧にできる技術のある先生でも時間が足りません。

出来たとしても保険では完全な赤字です。患者も高齢者ならあまり時間をかけた治療はできないことも多いので部分矯正などはきびしい。いろいろ考えると写真の治療はかなりいい治療だと思います。

なにより、ぎゅんた先生が治療写真をアップしてくれなくなることが怖いです。
Posted by 通りすがり at 2017年08月16日 02:21
通りすがり先生
不可能という表現はおいそれと使うべきではないと思います。
私は恐らく先生方よりかなり高齢の歯科医ですが書きこみさせて頂いたような処置は極当たり前にやっております。
当然初回は除痛が第一ですし歯肉切除当日にレジン充填も勿論やりませんが後日ラバーダムで歯肉圧排すれば十分な防湿下でレジン充填は可能です。

LOTもこの程度のケースであれば数百円の材料費でさほど時間もかからずできます。

保険で赤字というならニッケルチタンファイルや専用GPを使用している時点で既に赤字ではないでしょうか。

にもかかわらずエンドを真面目に取り組むというのであればその目的は何なのでしょうか?







Posted by zip at 2017年08月16日 22:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: