2017年06月26日

手には相性の良いグローブを


feed_basic_glove.jpg

子どもの頃、誰しもが夢想したことであろうカテゴリが「パワーアップグッズの装着」である。靴でも、時計でも、スーツでも、なんらかのガジェットを装着するとパワーアップできるアレだ。すごいパワーが出たり、潜在能力が100%発揮されたり、無敵になったり……現実の娯楽は尽くるとも、世に夢想のネタは尽きまじ。

大人になったらそんなものはないことを悟るわけであるが、さりとて、仕事の効率をサポートしてくれたり、特定の作業において無類のパフォーマンスを発揮するアイテムは存在するものだ。もっとも、これは仕事に限らず、趣味や遊びの舞台でも同じことが言える。使い勝手が良く望む結果を導いてくれる相棒のような道具を、我々は求めるのである。であるからこそ、様々なツールが、どの分野においても豊富にラインナップされているのである。人間は相性の良い道具探し明け暮れるものだ


最近、こうした気持ちを強く意識されられた診療用グローブがある。ここでも書いたが、FEEDのベーシックグローブ(パウダーなし)である。装着してエンドをすると上手になった気がする。少なくとも私にとって、とてても相性が良いグローブだ。

世間には安いものから高いものまで、様々な診療用グローブが存在するが、私はコスト管理に明け暮れる開業医の宿命もあって「安いやつ」を安けりゃいいの精神で使っていたのである(だって使い捨てなんですもの)。

高いグローブは、あれは自費診療をされる先生が、そのゴッドハンドっぷりを妨げることのない上質さを備えた一流品であり、装着するグローブに多くを求める先生用なのであろうと考えていた。一方で、値段が高めのグローブを使うと、診療が捗るのだろうかとも考えていた。

このFEEDのベーシック・グローブは、さして高級な類のプライスではない。むしろ安めの部類だろう。「新発売だよ!お試し100円セール」のチラシを見て、何気なく購入したに過ぎなかった。結果、格段に使用感が良いことに驚き、喜んだのであった。

世の中には、このグローブよりも私を歓喜させるグローブがあることだろう。値段さえ目を瞑れば試し放題なので、いつかは探し当てられるものと思われる。しかし、それを探し求めるほどの熱意は私にはない。「もうこれでええわ」の精神である。妥協といえばそれまでだが、しばしこのグローブの世話になろうと思う。満足しているのである。

なお、ベーシックに対してハイグレードも存在する。値段分の良さが上乗せされた出来になっている。難しめの抜歯処置や外科的挺出、フラップなど、ちょっと特別な外科処置用にしてある。
ガウンとか手術着とか装着すると意識が変わって気分が引き締まるものだが、そんな感じ。
 
この記事へのコメント
いやもう、マジでこのグローブイイっすよ。
僕がFEEDの小間井社長とズブズブだからとかじゃなく、僕もお試しで送られてきたのをウッカリ使っちゃったら、ものの見事に小間井社長の思うツボ。
でまた、448円のが小憎らしいほどチョットイイんですよね。
という事で、あたくしもこのグローブを今や愛用品として手放せなくなってます。
Posted by 奈良の変態紳士 at 2017年06月27日 01:13
奈良の変態紳士先生 コメントをありがとうございます。

個人の好みが結構出るのもグローブかなあと思っていたのですが、いや流石にこれは良くない?と思ったんで記事にした次第です。変態で名高い先生が気に入ってお使いであることを知って、私は鼻が膨らむ思いです。ぐふふ
Posted by ぎゅんた at 2017年06月27日 10:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック