2017年05月10日

リライエックスアルティメットセメント


写真 2017-05-10 8 42 39.jpg


歯科材料ディーラーに「先生、いまセールス期間中の特価価格でコレが!」などと声をかけられるのは市井の開業医の日常の一コマであります。
昔と違って歯科医はケチだと周知された現状、歯科材料を扱う業者さんたちは並々ならぬ営業努力が要されるようになりました(多分)。

3Mのリライエックスアルティメットセメントのセールがありました。中身はアルティメットセメントとダイレクトクラウンと自費冠説明用ツールの三点セットのようです。それぞれの費用を合算すると別にさして安くもなかったのですが、1.5mLのスコッチボンドユニバーサルのおまけと基準価格から更にピ〜円引きの値段を設定され即購入。…売れてないのかコレ?



自費のジルコニア冠やセラミック冠のセットでは、リライエックスユニセムを単独かシランカップリング剤を併用の上、使用してきた。このたび、ガラスハイブリッドセラミックス冠やCAD/CAM冠のセットのことも考え、リライエックスアルティメットを用意しようと考えた次第である。

私の周囲の先生方がどのセメントを使用されているかは寡聞にして知らないし、ディーラーがいう「売れてます(だから、みんな使っているよ!)」もちょいと信用ならん。リライエックスアルティメットを選択した理由は、個人的に3Mの化学力は宇宙一だと信じているからである。


※「講習会を受けない人は購入できない」製品だったのだが、講習会を受けなくても購入できるよう解禁(?)されたようだ。ダイレクトクラウンとは、リライエックスの単独使用で合着できるTEC感覚のプチ自費冠みたいなヤツ。講習会に出席するために名古屋まで行った俺に謝れ!



CAD/CAM冠は脱離する?
保険導入されて以来、「どうも脱離しやすい」とのトラブルの声が目立った。
その正体は、一般的に使用されている合着用のレジン強化型GIC用いたことと接着システムの誤用にあったようだ。少なくとも使用するセメントは、CAD/CAM対応の接着性レジンセメントを選択しなくてはならない。

補綴物合着時の「接着」操作で重要なことの根本は、被着面処理と接着システムを指示通り正しく用いることである。湿度の高い口腔内でレジンを歯質に接着させるというのは、歯科理工学の専門家に言わせれば気が狂った行為とのことだが、だからと言って使用できないわけではない。徹底した吸湿と隔離、接着操作で臨床上問題のないレベルでの合着を実現させられるので、やるしかない。被着面処理の王道はいまでもサンドブラスト処理である。

ところで、リライエックスアルティメットの付属のテクニックガイドを眺めているとCAD/CAM冠セット時の支台歯にスコッチボンドユニバーサルを塗布・エア乾燥の項目に「この後、光照射することで最大の接着強さを得ることができる」との注釈があることに気づいた。被着面に塗布したスコッチボンドユニバーサルはエア乾燥後、光照射しないのではなかったのか?いつの間にか変わったのだろうか。CAD/CAM冠はセメントスペースが多めだから大丈夫なのか?怖くてとても実践できんぞ。



iPadから送信
この記事へのコメント
アルティメットは今の所、僕の中ではパナビアに次ぐ、あるいはそれと同等ぐらいの信頼度で接着してくれますね
。ようひっつきますわ。
今の所、オールセラミック冠で大活躍です。ウチは結構オールセラミックが比較的良く出るんで、アルティメットも良く使いますが、今のところ脱離は一例もないです。
CAD・CAMはやめちゃったんですが、やってた頃に接着したものはこれまた一例も脱離がないんで、良いセメントだなあと思っとります。はい。
サスガにぎゅんた先生、お目が高い!
Posted by 奈良の変態紳士 at 2017年05月11日 01:58
初めまして、九州のど田舎で開業している太一郎と言います。
いつも勉強させていただいております。

>>リライエックスアルティメットの付属のテクニックガイドを眺めているとCAD/CAM冠セット時の支台歯にスコッチボンドユニバーサルを塗布・エア乾燥の項目に「この後、光照射することで最大の接着強さを得ることができる」との注釈があることに気づいた。

気づきませんでした・・・。ありがとうございます。
このセメントよくくっつきますよね。うちでも採用しております。初回使用時にセメントを反抗化もとい半硬化させようとして光照射したらガッチガチになって涙目になったのは内緒です。

CEREC大好きで、セラミック即日修復をやっています。セメントはエステティックセメントを使用していたのですが、裏技として付属のEDプライマーではなく、クリアフィルDCボンドを用いると接着力が上がると習って実践しておりました。
特に光照射後に修復物の浮き上がりなどはないように感じています。

CAD/CAM冠などはそれよりもアンダーカットの許容量が少なく、私のようなヘボの形成では支台がちっちゃ〜くなってしまいます。いつもCERECの3D画像で自分の形成のへぼさ加減を痛感させられます。
自費の時はKavoのNX3です。なんだかんだで接着ステップが多い方がよくくっつくんだろう。そうなんだろう?支台ちっちゃいんだから頼むよということからです。
Posted by 太一郎 at 2017年05月11日 09:23
いつも拝見させていただいてます。
上記の先生とは逆で形成が悪いのが原因だと
思いますが最強と言われるアルティメットでも脱離を数例経験して使わなくなりました。
今はPZプライマーとスーパーボンドに変えて
脱離はなくなりました。
余剰セメントの除去も楽ですし、歴史があり
安心できます。
Posted by 保険医 at 2017年05月11日 10:59
CAD/CAM冠の脱離の原因はセメントの間違いだけではなくもう少し深刻です。サンドブラスト、シランカップリング、レジンセメントとしっかりやっても外れまくります。外れたものを見るとほとんどが冠の方にセメントががっちり張り付いていてレジン、メタルに関わらず支台歯側にはあまり残っていません。セメントの種類を変えると脱離は少なくなります。スーパーバンド、パナビアあたりは個人的に脱離は起きていません。ただスーパーボンドは採算が取れません。補綴学会でも発表がありましたが、脱離の原因はまだはっきりとしません。発表ではMMA含有のボンディング材の方が脱離はしにくいようです。因みにジーセム、セラミックプライマーの組み合わせは落ちまくります。最近GC友の会で配布された新しい接着剤は何となく行けそうな感じがしています。
一方、CAD/CAM冠が割れにくいのは意外です。今のところ破折は一例もありません。
Posted by トリ at 2017年05月12日 02:15
奈良の変態紳士先生 コメントをありがとうございます。

お褒めいただき恐縮です。
リライエックスユニセムを発売当初から使い続けて特に不満がなく使い慣れていたこととから、アルティメットをCAD/CAM対応セメントとして採用しただけの、わりかし消極的なところもります。ただ、「3Mの化学力はゴイス」という印象は本音です。

心情的には「接着はクラレや!」と思っているのですが、なにぶんSAルーティングセメントやパナビアとの相性が悪かったものでパナビアの採用には至りませんでした。

私の友人の先生は、CAD/CAMにはパナビアを採用して満足のいく結果を感じているようです。リライエックスアルティメットはイマイチだったそうで、やはり接着性レジンセメントは術者との相性が割とあるのかなと思う次第です。

…アルティメットと相性が悪かったらどうしよう。
Posted by ぎゅんた at 2017年05月12日 09:35
太一郎先生 コメントをありがとうございます。

EDプライマーではなくDCボンドを用いる裏技は初耳です。
クラレの接着性レジンセメントは、思えばパナビアの「ADゲル法」のように、臨床家に考案される裏技があるのが伝統なのかしら。

支台歯形成は歯医者の腕の差がモロに出るところですから、模型になったり印象になったり、口の中と違う表情を見せたときに凹まされることありますね。

私の形成の弱点は、舌側近心のマージン部と、全体的なクリアランス量不足です。空間認識能力がヘボいのだと思います。形成は、模型や抜去歯での練習の成果がでにくい(年配の先生からは「要するに実際の口の中で削る数をこなしてないからや。もっと数をこなせ!」と叱責されたものです。いえ、そんな症例数がそもそもありませんという泣き言は別)気がします。
Posted by ぎゅんた at 2017年05月12日 09:58
保険医先生 コメントをありがとうございます。

CAD/CAM冠セットにPZプライマーとスーパーボンドという手がありますね。スーパーボンドはたいていの歯科医院が常備していますし、PZプライマーを購入するだけという手軽さ、水分のあるところで接着力を発揮するTBB系という、接着のひとつの王道だとおもいます。安定した結果を約束してくれるセメントだと思います。

当院にスーパーボンドがあれば迷わず採用していたのですが、うちのオヤジの拘りか知らんがトクヤマのフィックスフォースしかないので実現しませんでした。スーパーボンドで嫌な思い出があるそうです。意味不
Posted by ぎゅんた at 2017年05月12日 10:36
CADCAM冠脱離の話はすごく興味があります。
自身は試適調整後、サンドブラスト、シラン処理、ジーセムを使っていますが今のところ脱離も破折もないです。

原因はかなり気になるところですが・・・術者の相性ですかねえ(悩
Posted by ShinyaM at 2017年05月12日 11:02
トリ先生 コメントをありがとうございます。
冠内面にセメントが残っているということは、セメントの接着と咬合に問題はなかったかなと思わせる所見ですが、支台歯にセメントが残っていないというのは引っかかりますね。支台歯のメタルや象牙質は、いままでと変わりないし、接着しないというわけではなさそうですし。CAD/CAMへの接着を優先した設計が、かえって支台歯側の接着不良を招いている製品があるのかも。ただ単に、支台歯に塗布したプライマー等のエア乾燥不足が原因ではないかという気もしますが、そうでない気もします。使用されるCAD/CAMブロックと選択される接着性レジンセメントとの相性も無視できません。

一般的に採用されているCAD/CAMブロックは、GCか松風かトクヤマあたりだろうと思いますの。どこのブロックでどのセメントだとすぐに脱離した、とか調べると「相性の良い組み合わせ もしくは 相性の悪い組み合わせ」が分かりそうです。赤裸々な調査きわまりありませんが、メーカーは、自社のブロックには自社のセメントを使ってくれとしか言わないとおもいますし。どのセメントを用いるかだけでなく、どこのブロック用いるかも無視できない問題かなと思います。
Posted by ぎゅんた at 2017年05月12日 12:05
ShinyaM先生 コメントをありがとうございます。

術者の相性が一番かと思いますので、「よっしゃこれだ!」という手応えがあったら、その手法を変えず、熟練を上げていくことが大切っぽいですね。

脱離しないセメントは、なんだかんだ、開業医が求める要件です。
Posted by ぎゅんた at 2017年05月12日 12:10
地方の勤務医です、いつも興味深く拝読させていただいております。
当院は松風のブロックですが、リライエックスアルティメットセメントでの脱離は一例もありません。
コスト面を考えて、試験的に友の会についてきたジーセムONEも使い始めたところ、早くもちょこちょこ脱離が起きています...冠内面にセメントが残っており、どうやら支台とセメントの接着の問題のようですね。
Posted by しゅん at 2017年05月14日 01:16
しゅん先生 コメントをありがとうございます。

支台歯とレジンセメントが接着してないとしたら、接着性レジンセメントの名が泣きますね…

象牙質へのレジンの接着なんて当たり前と捉えられるようになった昨今ですが、従来は象牙質へのレジンを接着させることに血眼になっていたわけで、やはり水分を多量に含有する象牙質への接着は難しいのでしょう。
Posted by ぎゅんた at 2017年05月15日 11:44
大阪歯科大の末瀬先生らの報告では、CAD/CAM冠の脱離率は9.1パーセントなので結構な確率ですね。恥ずかしながら当院でもそれに近い数字です。ちなみにオールセラミック系は脱離した事は一度も経験していません。全くの推測ですが、咬合時のたわみが影響しているように感じます。でもそうすると、硬質レジンジャケット冠がそんなに落ちないのは?という疑問があります。
Posted by at 2017年05月15日 14:46
どうしても名前を入れるのを忘れてしまう。すみませんポストは「トリ」です。
Posted by トリ at 2017年05月15日 22:13
トリ先生 コメントをありがとうございます。

同じことをやっているのに、オールセラミックはこんな脱離しないけれど、CAD/CAMハイブリッドはあかんというのは、やはり材質ですかね。

当院はCAD/CAMでなくHJCを用いていますが、内面サンドブラスト処理してリライエックスユニセムの組み合わせのセットでさしたる脱離はありません。脱離する場合は、支台歯形成でポカをやらかしているか、不適合なのを承知で無理やりセットする論外ケースとか、側方運動時の咬合調整不足の3つが原因であって、セメントがどうではない感じです。

所詮はハイブリッド冠に過ぎないCAD/CAMをセットしてレセプトの平均点数をあげたり脱離リスクを背負い込むぐらいならHJCで安定路線かセラミック冠を選択する姿勢であってもいいような気がします。レジン冠は、セット時は見た目的に患者さん喜ばれて嬉しくなりますが、どうもプラークの付着で薄汚れていく様も見ていくことになる点がイマイチ好きになれません。「こんなにひどいレジン冠の末路」の症例写真を集めようかとも思いますが、どう考えても悪趣味。
Posted by ぎゅんた at 2017年05月16日 09:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック