2017年05月02日

目の保護のためのアイガード(ゴーグル)


写真 2017-04-25 11 15 28.jpg


研磨や口腔内金属物の切削を日常的に行う歯科医の目は、常に削片の飛び込みの脅威に晒されております。眼鏡を装着されている先生はまだしも、裸眼で診療を行っておられる先生はノーガード戦法この上ありません。カーボランダムポイントでメタルを削合したときに目に削片が飛び込んできてギャースとなった経験は、フレッシュマン時代に誰しもが経験することではないでしょうか。

目への危険は金属片だけではありません。即重の削片も、接着システムのプライマーも、根管治療時のヒポクロや水酸化カルシウムなど他にも多数あります。患者さんの唾液や血液が目に入ってくることも無視できません。

目には涙がありますので、少々のダメージは跳ね除けてくれる自衛力は備わっています。しかし、一時的には小さなダメージであったとしても、長い歯科医師人生においてはその重積が大きなダメージとなって跳ね返ってきます。目の保護は、あだや疎かにできません。最悪、失明のリスクがあるからです。

従って、目の保護のためのアイガード(ゴーグル)装着は欠かせません。そしてなるべく、作業域から目を離す診療を心がけることになります。気づくと猫背になって顔を近づける悪癖のある私は二流です。姿勢の悪い一流ドクターはいないはずであります

一般的に、目の保護のためにアイガードが用いられます。飛沫や削片の目への侵入を防ぐわけです。
オシャレな外観のものから無骨なものまで様々あり、値段も様々です。私見を述べれば、デザインよりも保護力を優先させるべきで、「曇り止め加工」は信用なりません。使用しているうちにバイザー部が傷ついて濁ってきて視界不良になってきます。モノによっては、バイザー部の曲面に沿った縦筋の濁りが出てきます。これはやはり、消耗品感覚で安いやつを使い捨てていけばよいのだと思います。目を保護するゴーグルに医療用もクソもないので、私はホームセンターで安いやつを買ってきて使うことがあります。意外に使用感が悪くないのが笑える。



写真 2017-04-25 11 17 08.jpg

拡大鏡(ルーペ)にもバイザーがありますが、ここも使用するにつれて濁りがでてきます。
超円高時代に購入した台湾製ヘッドライト付き2.5倍ルーペ(記憶違いでなければ19.800円のバーゲンプライス品)も、使っているうちにバイザー部が曇って視界不良きたしました。腹が立ったのでバイザー部を切り落としたところ、クリアな視界と開放感が得られました。ルーペをしていたら、普通は作業域と一定の距離があるので、目の保護を考慮したとしても、許容されるのではないかと思います。

はよマイクロ買えや!というご指摘は甘んじて受けます。_(´ཀ`」




※研修医のとき「診療は常に正しい姿勢で行い、術者は凛とした態度を醸し出し、悪い姿勢で身体を傷めないようにしましょう」みたいな啓蒙ビデオを見る時間がありました。これをみせてくれた指導医の先生は「俺はもう癖が染み込んでしまって直せないけど、君たちはまだ染まってないから頑張って意識して、悪い姿勢をとるドクターにはならないでね!」と諧謔的に述べておられたのを思い出す。先生スミマセン私も染まってしまいました。

こういうのは最初が肝心だから、悪い診療姿勢を決してとらないよう、学生実習の頃から常に厳しく指導して身体に叩き込むべきかもしれない。マイクロを導入すると診療姿勢が正しくなるとまことしやかに語られるが、あれは本当である。

posted by ぎゅんた at 13:36| Comment(12) | TrackBack(0) | 根治(回想) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はよマイクロ買えや!・・・は値段からともかく(笑
姿勢に関しては使ってる本人は気が付いてなかったんですが、自身が大学時代の後輩に教えた時にそれを見てた人から、背筋がピシッとしている、後輩の方は猫背になってたと指摘を受けたことがあります。
慣れもありますが、このあたりもしっかりするとマイクロとうまく付き合えていけるのかなと。
Posted by ShinyaM at 2017年05月02日 14:42
関係ない話ですいません新商品のトライオートZX2よさそうですが、先生はどう思います?
Posted by ttt at 2017年05月04日 06:47
ShinyaM先生 コメントをありがとうございます。

一流の外科医は術野を覗き込むような姿勢は決してとらないし、覗き込む癖があってはならない(あったら、直さなくてはならない)と大鐘稔彦氏が述べておられましたが、歯科医も外科医みたいなもんですから、やはり処置中の姿勢は書くあるべきだと考えています。

ShinyaM先生にかぎらず、一流のドクターはみな姿勢が良いか、良い姿勢で治療することを心がけておられるはずで、腰痛とは縁がないのではないかとおもいます。


マイクロはまず背筋を伸ばした状態でレンズを覗くところからですから、スタート地点から猫背になることは考えられないので、猫背癖のある私が使っても背筋ピンにしてくれます。マイクロは姿勢矯正機であります。猫背でマイクロつかったら疲労で死にそうになるような気がします。


私は目下、幸いなことに腰痛さんとは縁がないのですが「兆し」は感じており、診療姿勢の悪さの改善が急務になっています。マイクロ買えや!


Posted by ぎゅんた at 2017年05月04日 09:44
ttt先生 コメントをありがとうございます。

モリタのトライオートに後継機が出たらしいことは知っていましたが、情報収集はしていませんでした。

なぜなら、知ると欲しくなるからです!
歯科医は新しいもの好きですものね。NiTiファイルも、HyFlexシリーズに浮気するかもしれない私には、温故知新を戒めに新しいものに飛びつきまくっていくのを自重しなくてはならないかなあと。

くだらない言い訳はさておき、トライオートZX2はかなり期待できるのではないでしょうか。エンドモーターを持たず手用ファイルでエンドをなさっている先生であれば、NiTiファイル導入のために購入してよさそうな具合に思えます。もし私がXスマートプラスを持っていなかったら、速攻で買ってます。

ずいぶんと前に発売された前作トライオートZAは個人的にイマイチでしたが、オートトルクリバースや根管にファイルを挿入すると動作を開始するあたりの「レクサスみてーな」マナーのよさに感心しました。また、同社のエンドウェーブはいまだ世界中で使用されている実力あるNiTiファイルであり、実績があります。モリタのエンドへの知見はかなり高いのではないかと思いますし、ユーザーが快適に安全に使いやすいものはどんなものであるかを把握しているのではないかと思うからです。信頼が置けるということです。

おそらくデモで借りられると思うので、ご興味がおありなら問い合わせてみてはいかがでしょう?喜んで対応してくれるはずです。
Posted by ぎゅんた at 2017年05月04日 10:00
トライオートミニを使っていましたが、意外と使いにくいです。リーマー挿入から作業長までキャナルメーターが安定して使える条件であれば、オートスタート、オートリバース等が働いてくれますが、抜髄根管などメーターが安定しない条件ではかえって面倒です。臨床ではそういうメーターが安定しない条件の方が多いように思います。私は結局メーターを連動させないで使っています。Xスマートプラス購入後は殆ど出番が無くなりました。Xスマートプラスにエンドミニをつないで使っ方がはるかに効率が良いです。今はそうしています。
Posted by トリ at 2017年05月04日 10:40
トリ先生 コメントをありがとうございます。

EMRと連動することを売りにしたトライオートですが、取り回しがなんかイマイチで使いづらい点はありましたね。キチっと動作するときはするのですが、それぐらいなら基準点-ラバーストッパーの方が手っ取り早いので、メーターと連動させない場面の方が多かったです。

トライオートZX2は、このあたりの欠点を克服しているのではないでしょうか?

現状の私は、Xスマートプラスとエンドミニのコンビでやってますし、トライオートZX2には興味はあれど、購入することはなさそうです。
Posted by ぎゅんた at 2017年05月06日 09:57
横から失礼します。
現状ではトライオートよりエレメントモーターの方が優れている感じを受けます。

Roaneのバランスドフォーステクニックも売りにしているようですが、逆回転時に押し込む動作が必要なのでそれを機械で上手くいけるのか?ってのは正直疑問です。穿通に関してもsec使用の方が良いのかなと。

ただ今までエンドモーターを使用されてない先生の場合や、根尖をモニタリングできるって事がトライオートの利点でしょうか。もちろん自分が使い慣れているものが一番ですが。
Posted by ShinyaM at 2017年05月06日 11:00
ShinyaM先生 コメントをありがとうございます。

結局のところ、歯科治療の器具は「明らかに優れたものを、自身の相性の良さとあいまって使いこなすこと」にあると思います。

はやくSEC買おっと(そう思って数か月経過)
Posted by ぎゅんた at 2017年05月07日 12:18
ここのコメント欄は勉強になりますね。
私もSEC買おうと思っているのですが、ナカニシとカボどちらを買います?
またシャンクは等速にされますか?それとも減速?
シャンクをタービンにもできるらしいのですが、どの組み合わせがいいと思われますか?
Posted by ttt at 2017年05月07日 20:55
>ttt先生
自身はNSKの等速を使っています。
値段が安く、通常のコントラが付くのであれば使えるのが利点と思います。欠点は注水できないのでアシスタントに注水してもらうことがあります。↓自身はこんな感じで使用しています。回転数は20000rpmです。
https://www.facebook.com/100007941694375/videos/1653326678275373/

KAVOは使ってないですが、KAVOのモーターが必要なのが欠点、注水できるのが利点と聞きました。

ついでに両方とも何も言わずに頼むと減速が届きやすいみたいです。
Posted by ShinyaM at 2017年05月08日 15:00
ShinyaM 先生ありがとうございます。
同じものを買わせていただきます。

エレメントモーターも買ってしまうか悩んじゃいますね。
Posted by ttt at 2017年05月08日 21:24
コメントをありがとうございます。

SEC1-0はKVAOかナカニシ(NSK)のどちらも買えるようです。注水機能を望むか望まないかで雲泥の値段差になるのが悩みどころですね。

機械の信頼性としてKAVOは名高いですが、最近はなんかそれも怪しいとか聞きますし、国産企業であるナカニシそ応援するつもりも込めて、私は注水機能は捨ててナカニシのにする予定です。
Posted by ぎゅんた at 2017年05月09日 11:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449527329

この記事へのトラックバック