2017年04月27日

HJC慕情


HJC.jpg
#14にHJC試適時。シェードはA4 ヘボマージン


昨今の小臼歯の補綴は、CAD/CAM冠が導入されたことで金パラ冠の呪いから逸脱の流れができているようで嬉しい限り。「おかげで自費冠が減ったじゃねーか!」との怨嗟の声も一部に聞かるものの、削り出しのハイブリッドレジン冠ですから、金パラFMC同様にプラークの吸着を招く面でイマイチなのは「所詮、保険クオリティ」と言わざるを得ません。私の愛するゴールド冠も、プラークの付着の面では金パラ冠と同様にイマイチなようです。無念。


さてそんなCAD/CAM冠、ブロックから削り出しての歯冠色補綴といいながら、どうにも単色で生気のない無表情な外観が気にかかる。使用するブロックにも拠りましょうが、最安値グレードなジルコニア冠同様、どうにもプロビジョナル然としている。小臼歯は案外にシェードグラデーションが目立ちますから、咬頭〜歯頚部にかけてシェードの濃淡がないと人工物感が強くでます。そして、歯面の細かな隆線などまったく考慮されないノッペラボウであるところが無表情さに直結します。

「とりあえず金属でない白い冠を保険で」なら許容されるレベルでありましょうが、セットする立場からだと「白い冠が入ってよかったね」と手放しで患者と喜べないところがあります。


ミルドクラウン.jpg
#24にミルドクラウン(和田精密)試適時 シェードはA3.5


同じ保険で選べる「金属でない白い冠」であれば、HJCが存在します。総点数的に不利なのですが、私はこちらを選択することが多いです。

HJCを選択すると保険点数の面で大きな差が生じますが、なに、CAD/CAM冠を作ってもらう諸経費は意外に大きい(注:技工所による)ですから、HJCを選択してもさしたる差はないのであります。なによりHJCは「手作り」で、シェードグラデーションや歯面の流線を天然歯に似せて作ってくださることから技工士さんの顔が見えるのが嬉しいのです。タコな形成と印象・ヘボ模型だと、如実にセット時の術者にストレスとして跳ね返ってくるあたりも実に正直でよろしい。

プロの手にかかって仕上げれたHJCは、少なくともセット時の見た目はE-MAX冠とそれほど遜色がなかったりする(よく見ればもちろん違いますが、傍目からすれば)わけで、こうしちたとき、患者さんは喜んでくれます。 さしてなにも喜ばない人もいますが…


そんなわけで当院ではCAD/CAMをまったくしていません。
CAD/CAMは脱離しまくるとまことしやかな噂を耳にするし、支台歯形成がHJCに比べシビアさを増すし、レセプトの平均点数の上昇は抑えたいし…と、二流歯科医院特有の消極的理由も含まれます。でも外来環は算定してます。えへん。

ああ… つぎはカカリツケだ(その前に往診だ)


※松風のS-PRGフィラー配合のコンポジットレジン(ビューティフィルシリーズ)の表面にはプラークの付着を防ぐ効果があるとの報告があったの思い出す。あまりそのことは「売り」にされていないような気がする。
 
posted by ぎゅんた at 00:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 根治以外の臨床 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。
HJKとCADの差はおおよそ4000円ぐらいです。
支台歯形成もたしかにCADの方がかなりシビアですね。色合いものぺっとした事には同意です、所詮、保険クオリティって所でしょうか。

ただCADが脱離することに関しては接着や形成の不手際が多いと和田精密より聞いています。
接着や形成を(CAD用の)ルールに則って行えばそうそう外れるものでは無いと考えてます。自身も脱離破折は今のところゼロです。

あと訪問診療はやりはじめると結構楽しいですよ(笑
Posted by ShinyaM at 2017年04月27日 11:25
ShinyaM先生 コメントをありがとうございます。

徳島県出身の友人が、オンラインスキャニング(?)の技工を徳島の技工所と提携して行っており、技工料金が従来の30パーセント節約できているそうです。CAD/CAM冠とHJCの差が5000円以上になるようです。うらやま歯科

ただ、用意しなくてはならない機械が300万越えなんで、いやそんな金あるならマイクロとか、他に揃えるモンあるわ…と貧困萎縮した次第です。

CAD/CAMは保持と接着ですから、接着がダメなら脱離しやすくなる傾向はあるでしょね。セット直前にサンドブラスト処理を必ず行い、CAD/CAM対応のセメントを正しく用いることができれば、脱離という不快なトラブルは回避できるはずです。

訪問診療を始める前に、口腔ケアの術式を形に仕上げておきたいところです。訪問は、主訴の解決が絶対ですが、その前に口腔ケアを行うことが不可欠だと考えるからです。

それ以前に、訪問の保険算定や請求を学んだり、いつ行くか、スタッフの誰を連れて行くのか決めたり、やることが山積してます。うちのオヤジやスタッフはあまり乗り気でないのが気にかかる…

訪問診療で分からない点があったら、個人的に先生にお尋ねすることがあるかもしれません。その時はよろしくお願い申し上げます。
Posted by ぎゅんた at 2017年04月28日 10:35
初期投資考えるとオンラインスキャニングはまだまだ元が取れるものでは無さそうです。
それならマイクロもう一台買いたい・・。
CADsetに関しては全くその通りで、従来通りのグラスアイオノマーセメント使ってるとこが外れてると嘆いてました。

訪問診療に関してはある程度お手伝いできると思いますので、何かあればご連絡ください。
施設基準の届出や介護保険の整合性・請求等が最初にかなり悩みそうなとこです。
Posted by ShinyaM at 2017年04月28日 16:31
ShinyaM先生 コメントありがとうございます。

訪問は、そもそも何を持っていくべきかという初歩中の初歩のところからなんで、先生に相談させていただくのはもうちょい先になりそうです。

口腔ケアと義歯がメインになりそうだとは思ってます。
Posted by ぎゅんた at 2017年05月01日 15:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449369953

この記事へのトラックバック