2017年03月23日

サーモメカニカル根充経過2年モノ

デンタル写真を撮影するとき、過去の根充した歯が視野に収まることがある。
過去の写真と比較すれば、根充経過と根尖の治癒の経時的変化をエックス線写真上で観察することができる。


最近遭遇したふたつの例
IntraOral_20150120092725.jpg
method:パックマックを用いたサーモメカニカル法
シーラー:AHプラス
GP:東洋オブチュレーションガッタソフト



IntraOral_20141216110350.jpg
method:パックマックを用いたサーモメカニカル法
シーラー:AHプラス
GP:東洋オブチュレーションガッタソフト




考えられること
・AHプラスによるシーラーパフは吸収を受けるのか造影性が失われるのか、見えなくなる
・側枝や根管内にとどまるシーラーは吸収されないようだ
・良好な成績を考える上で、根充法の選択にたいしたウエイトはなさそう
・根尖部の感染源の除去ならびに清掃が、根尖周囲組織の治癒に直結する最重要因子
・ヘボ補綴は罪


根尖部の感染源を除去し、物理的・化学的に清掃し、根管内を乾燥させて速やかに根管充填を終え、コロナルリーケージを防ぐ歯冠修復をして、咬合と歯周状態に問題がなければ根尖の病変は素直に治癒に向かうようである。

このことを自分の臨床を通じて数年越しに経験すると、頭の中の知識が確信となる。自分の根管治療の行く末を信じることができるし、予後も予想がつくようになる。エンドがもっと好きになっていくキッカケは、ここにあるのではないか。

根充は、明らかなどアンダーやポイントの溢出がなければ、側方加圧にしろ垂直加圧にしろ、良好な結果を示す。専門書や高名な先生方は垂直加圧をしておられるのを見て垂直加圧がいかにも優れていそうに感じるものだが、実際には優位差はない。根管内の感染源を除去し、清掃がなされ、乾燥を得た根管を過不足なく充填できれば良いのである。オーバーよりはアンダーが「マシ」という意味でアンダー根充は許容されるが、アンダーが過ぎるとコロナルリーケージに脆弱性を示すことになる。

私はレシプロック用のGPコーンを用いたCWCTを第一選択にしているが、ラテラルや根充やFPコアキャリア法を用いたりと一応の使い分けはしている。ただ、この使い分けが良好な結果につながっているかと尋ねられたら、そんなことはないと答える。サーモメカニカル法は、根尖部への溢出のコントロールの面で不安定なことから今は行っていない(NTコンデンサーやパックマックで、GPを単純に根管内に押し込むだけの場合に使用することがある程度)。

ラテラルに慣れた先生は、ラテラルの達人になればいいと思う。
適切で理想的なラテラル根充は、実は難しい。良好なラテラル根充ができるということは、適切な根管形成ができるということと、狭い口腔内で術者の器具操作が精緻で手早いことを証明しているようなものだ。ガッターカット代わりに電熱式プラガーを用いれば、その後にダウンパックも可能である。こうしたやり方を実践されている先生も、多いだろう。それで特に問題は起きていないはずだ。



…と、こんな偉そうなことを述べている私は、根充に対する苦手意識を払拭しきれないままである。
難しい一発勝負の性格が強い処置って嫌い! 
 



just do.jpg

こんなことを言って果敢にチャレンジできるキャラクターになりたいものである。
 
ラベル:根充
posted by ぎゅんた at 22:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 根治(考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
重要度で言うなら、
破折の有無の確認◁カリエスの除去◁イリゲーション◁機械的清掃◁貼薬◁根管充填
ぐらいの地位なんですよね、根管充填って。
でも、術後の第3者的評価ではこれが真っ先に見られるから誤解が起こるんですよ、特に若いドクターなんかには。
僕も数年前まで誤解してた一人なんでエラソーな事は何1つ言えやしませんが、エンドの基礎をここに置いて出発しないことには、結局どこにも行けないんですよね・・・
Posted by 奈良の変態紳士 at 2017年03月23日 23:53
奈良のH先生とぎゅんた先生の書かれている通り、自分も徹底的な感染除去および再感染防止が重要
と考えています。

文献上差は無いのは知っているんですが、手技の容易性とラテラル時に多少はスペース残ることから、自身も垂直加圧の方を好んで使用しています。
Posted by ShinyaM at 2017年03月24日 10:57
変態紳士先生 コメントをありがとうございます。

根充は記録される確認写真とともに算定されるから、一番最後の仕上げの処置的な意味として、一番重要なステップに感じてしまうきらいはありますね。私が垂直加圧法をなんとか習得したいとか、エンドのセミナーとかに通ったのは、元々は「格好いい根充写真を得たい」気持ちが優位にありましたから。でも、そこから綺麗な根充の為には、器作りが必要で、その器作りこそが感染源の除去と根管清掃(Shaping&Cleaning)であることに気づかされたものです。

根充は、綺麗にした根管を長期的に保つ仮封みたいなものかなと思います。封鎖性と耐久性があれば、X線写真上の見栄えは二の次三の次。

最初は格好いい根充写真を得るために頑張って、それが結局は根管治療の基礎をすべて含むのだと気づけば、それでいいのだと思います。

Posted by ぎゅんた at 2017年03月24日 11:10
ShinyaM先生 コメントをありがとうございます。

CWCTに慣れてくると、スプレッダーとアクセサリポイントの一連の作業が煩わしく感じることが…多少の隙間はあっても根管口直下でポイントを切断後にダウンパックすることで補正できるかなと考えてます。

テーパー付きのマスターコーンが、根充用ピンセットで把持しにくくて床に落としてしまって地団駄を踏むことがある今日この頃です。
Posted by ぎゅんた at 2017年03月24日 15:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック